カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. 片頭痛は年齢と共に変化する?!片頭痛発症の原因と年齢について

頭痛

片頭痛は年齢と共に変化する?!片頭痛発症の原因と年齢について

片頭痛は年齢において症状が変化することがわかっています。    つらい片頭痛の症状に苦しむ人は、圧倒的に低血圧の女性が多いことが特徴的です。

 

片頭痛と年齢の関係を紹介させていただきます。

 

◆片頭痛とは

片頭痛は周期的に発症する頭痛で、症状はこめかみに拍動を伴い激しい痛みがあり、吐き気や視聴覚に違和感があることもあります。

 

発作的に発症し、症状は4時間から72時間の間継続すると言われています。

症状が出ている間は、光・音・匂いで症状が悪化するので、暗い部屋でリラックスするといいようです。

 

症状が出た場合、頭部のこめかみ辺りを冷やす、または圧迫すると多少痛みが軽減することも有るようです。

 

◆片頭痛は子供のときからはじまる

子供が、頭痛の症状を訴え、きらきら光るものが見える、音と光に敏感になる、吐き気があるという場合には、片頭痛の可能性を疑ってみてください。何が要因で頭痛が発症したいのかを突き止め、予防に努めることが大切です。

 

◆片頭痛と年齢の関係

思春期までは男女同数で、成人になると圧倒的に女性に多くなるのが特徴的です。月経の排卵期の女性ホルモンのエストロゲンの増減により、片頭痛の発作の周期がある場合が多くみられます。

 

また、妊娠や閉経後には女性ホルモンが安定するので、片頭痛の発症が減少するというデータがあります。

 

更年期以降には、片頭痛は圧倒的に減少し、老年期には男性の発症と同じ程になります。閉経後は女性ホルモンの分泌が無くなり、ホルモンが安定するので周期的な発作の発症は無くなります。

 

片頭痛は遺伝だからと諦めるのではなく、自分の片頭痛のパターンや体調、食生活などを見直せば症状が改善する場合もあります。 

(photo by///www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

片頭痛にお勧めのアロマとその使い方

  緊張性頭痛とは全く逆の仕組みで起こっているのが片頭痛です。ズキズキと脈打つ...

片頭痛の人は光の色にも注意が必要

  片頭痛の発作が起きているときは光や音に敏感です。光が片頭痛にどのような...


片頭痛には水分バランスが関係している?考えられる理由とは

片頭痛は辛いものですが、遺伝だからしょうがないとあきらめていませんか。 片...

目の周りには片頭痛を抑えるツボがたくさん!

片頭痛では、一度痛みの発作が起こってしまうと、その痛みに耐えなければなりません...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る