カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. AST(GOT) >
  6. 検査項目にある「AST」って何?健康診断の検査でおこなうGOT(AST)とは

健康診断・健康管理

検査項目にある「AST」って何?健康診断の検査でおこなうGOT(AST)とは

 

健康診断などを行う際、様々な検査や、沢山の項目があってとても迷ってしまいます。

どんな検査が何について知ることが出来るのか、検査結果に記載されている英数字の項目の意味など、実際には解らない方が多いかと思います。

今回はその中でもGOT・ASTと言われる項目について調べていきましょう。

 

◆GOT(AST)とは?

GOTとは、健康診断や人間ドックを受ける際に、“肝臓病”の有無について知るため・調べるための検査です。この検査は必ずといって良いほど、健康診断時には行われます。

GOTの正式名は【グルタミン酸オキサル酢酸トランスアミナーゼ】と言います。

最近ではGOTではなく、AST【アスパラギン酸アミノトランスフェラーセ】という名称に変更されています。

 

◆ASTの検査方法とは?

ASTを調べる際には採血を行います。採血することでASTの数値を調べるのですが、AST値は運動によって数値が上下してしまうことがあるので、検査前には運動を控えることが大切です。

また、飲酒も検査の数値に左右してしまうので、前日は禁酒をしなければなりません。

 

◆検査結果によって何が解るの?

検査をすることで、ASTの数値を出し、数値によって様々な症状・病気のリスクを知ることが出来ます。

たとえば、急性肝炎心筋梗塞、肝臓がん、アルコール性肝障害などのリスクが判明します。

 

ASTの数値というものは、現在“壊れている肝細胞がどれくらいあるのか”を示している数値ですが、肝機能は再生可能な細胞なため、ASTだけの数値では異常がどうかは判断が難しいです。

よって、検査の判断精度をあげるためには、ASTだけでなくALT(GPT)という数値や、他の検査結果と併せて判断をします。

 

血液を採取して調べる検査では、今回取り上げた肝機能に関しての状態を知ることも出来ますが、それだけでなく、別の項目では血糖値や脂質(コレステロール値)などを知る事も出来ます。

 

肝機能の異常を心配し、採血した結果、肝臓ではなくコレステロールや血糖値の面で異常が見つかったなどのケースもあります。

検査結果が出たら、目を通すだけでなく一つ一つの項目の数値をしっかりと見て、今後の生活に役立てましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/07/19-348514.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

AST(GOT)に関する記事

肝臓の異変を察知!ASTの数値が高い場合はどうすれば良い?!

  肝臓は“沈黙の臓器”とも言われる臓器で、肝臓に異常を感じた時には、すで...

AST・ALTが高い!肝臓のために…生活の中でできることは?

  肝臓には幹細胞と胆管細胞に接する形で多くの血管が張り巡らされています。その...


お酒を飲む人は必見!肝機能の数値、AST(GOT)やALT(GPT)の半減期とは?

  お酒をよく飲むから肝機能に関する健康診断結果には目を光らせている、という方...

ASTとALTを比較して違いを知ろう!

  ALTやASTという値は肝臓の細胞が傷つけられているかどうかを指すものと言...

カラダノートひろば

AST(GOT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る