カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. AST(GOT) >
  6. AST数値に影響する?!「お酒に強い人=肝臓も強い」は間違っている!?

健康診断・健康管理

AST数値に影響する?!「お酒に強い人=肝臓も強い」は間違っている!?

 

飲み会などに行くと、必ずと言ってよい程、お酒に強い方がいます。

お酒をどれだけ飲んでも酔わない・顔に出ない、そんな方を見て「お酒に強いな〜」と関心するかもしれませんが、お酒に強くても、肝臓が強い!という誤った認識はしないようにしましょう。

ASTの数値が高い方はお酒の飲み方を改善するように心がけましょう。

 

 

◆お酒に強い!では肝臓も強い?

お酒に強い=肝臓も強い!は、誤った考えです。お酒の強さと、肝臓の強さは、全く別物だと理解をしましょう。お酒に強くても、弱くても、アルコールを分解させるためには、どんな方でも同じ量の肝臓の働きが必要になります。

 

お酒の強さは、中枢神経の感受性が深く関係しています。感受性が高いと、頭痛・吐き気などを感じるようになります。

さらには、アルコールを摂取すると肝臓では2種類の酵素が働くのですが、生まれつき酵素の働きが活発な方と、そうでない方がいます。活発でない方はお酒に弱いという見方が出来ます。

 

◆アルコールの影響は脳にまで!?

アルコールの影響は肝臓だけに響いてしまうと思われがちですが、実はにまで影響してしまいます。人間の脳細胞は約150億個存在すると言われていますが、20歳を超えると1日約10万個ずつ減ってしまいます

 

しかし、アルコールを飲んで意識をなくしてしまうと、それだけで60〜80万個程の脳細胞が減ってしまうのです。脳細胞の減少は、人格崩壊や精神行動などに出てしまいます。無理のない範囲で楽しむようにしなければ、ゆくゆくご自分の人生さえ変えてしまう問題につながってしまいます。

 

◆エタノール・パッチテストをしてみよう。

ご自分がお酒に強いタイプなのか、弱いタイプなのか解らない!という方には、是非一度試していただきたいテストがあります。それがエタノール・パッチテストです。

方法が以下のような手順です。準備物は消毒用アルコール・ガーゼ・テープです。

運動直後や飲酒時には絶対に行わないでください。

 

【1】消毒用アルコールをガーゼに湿らせて、上腕の内側(皮膚が柔らかい部分)に当て、テープで止めます。特に押さえつけたりせず5分待ちます。

 

【2】5分経過したら、テープをはがします。約20秒後にガーゼを当てていた箇所が赤くなった場合には、お酒にとても弱い(飲めない)タイプということが解ります。

約5分後に赤くなった場合には、お酒に弱いタイプと言えます。5分たっても特に変化がない場合にはお酒に強いタイプだと言えます。

 

お酒に強いことが格好いい!お酒を沢山飲めることが良い!と思っている方もいるかもしれませんが、お酒は適度に楽しみ、節度のある飲み方をしましょう。

ご自身がどれほどアルコールに強いのか・弱いのか、しっかりと理解した上で、飲める範囲での飲酒を楽しみましょう。

過剰に飲みすぎたり、沢山摂取することは肝臓に影響を与えてしまうので危険です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/03/13-386931.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

AST(GOT)に関する記事

肝機能の異常を調べるためにはどうしたら良い?

  「最近、なんだか肝臓に違和感がある・・・」や「お酒の飲みすぎで肝臓に負...

肝臓の異変を察知!ASTの数値が高い場合はどうすれば良い?!

  肝臓は“沈黙の臓器”とも言われる臓器で、肝臓に異常を感じた時には、すで...


肝臓の数値ASTやALTを下げるには?

  健康診断などで、ASTやALTと言った値を見たことがある人もいると思います...

若い女性にもありうる!AST数値が“低い”場合、危険はあるの?

  “ASTの数値が高い”場合には、問題視され、食事療法などを行ったり精密...

カラダノートひろば

AST(GOT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る