カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. ALT(GPT) >
  6. 肝臓からのSOS!ALTの数値が高い方への改善法とは

健康診断・健康管理

肝臓からのSOS!ALTの数値が高い方への改善法とは

 

健康診断などの結果を見ると、ALTという項目があるのをご存じですか?

このALT肝臓に異常が有った場合に高い数値を出して知らせてくれます。しかし、実際には数値が高くても、どんな方法で数値を下げるべきか、自宅で何が出来るのか?解らない方が殆どです。

今回はこのALTの数値を下げるために自宅で出来る改善法をお伝えします。

 

◆高栄養価な食事+サプリメントの習慣を!

ALTの数値が高い方には、食生活や運動、ストレスを感じないようにと、医師から生活の指導を受けることが多いかと思います。肝臓への負担はアルコールだけではなく、毎日の食事も大きく関わってきます。

 

バランスの良い食事はもちろんですが、それだけでは不足しがちな栄養素や、調理過程で栄養価が減ってしまう食材などもあるので食事だけでなく、サプリメントでの栄養補助を習慣にしましょう。

サプリメントの栄養成分でおすすめな物は以下のような栄養価・成分です。

・ビタミン

・ミネラル

・亜鉛(牡蠣がおすすめ)

・タウリン

・クエン酸

・田七人参

・ナットウキナーゼ

 

◆どうしてもお酒が飲みたい場合には?

アルコールが肝臓に負担をかけてしまうと解っていて、医師からも「控えるように・やめるように」と告げられていても、ついつい飲んでしまう、飲みたくなる方はとても多くいます。

「だめだ!」と言われると、余計に意識してしまうのも人間の性かもしれません。

 

こんな時には、アルコールではなく“ノンアルコール”を飲むようにしましょう。

ビールがだめならワインや日本酒なら・・・と考える方もいるかもしれませんが、ワインでも日本酒でも同じです。飲む量だけでなく、アルコール度数にも注意をしなければなりません。

 

1点、注意しておかなければならない事は、ノンアルコールとは、アルコールが1%未満の飲料に対してつけられる表記です。よってアルコール分が0.9%であっても“ノンアルコール”に分類されます。

全くアルコールが無いというわけではないことだけ理解しておきましょう。

 

サプリメントノンアルコールで対策を考えることを一例として挙げましたが、何よりも一番大切なことは、食材からちゃんとした栄養をしっかり摂取すること、そしてそれを継続することです。

食生活の乱れを改善し、食事に対してもっと深く理解をすることでカラダの健康に良い結びつけをすることができます。

症状や肝臓の状態によって適切な指導を医師がしてくださるので、医師の指導には誠実に従いましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/23-025184.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ALT(GPT)に関する記事

AST・ALTの数値が高い場合に考えられる疾患・病気って?

    健康診断や人間ドックによる診断でもらう結果データをもとに、発見できる...

ASTとALTと肝臓疾患の関係とは?

  肝臓はときどき負担がかかるくらいであれば自分で回復させることができる臓器で...


低すぎるのも危険?!ALTの数値が低いことから起こる問題とは?

健康診断などを行った後で、検査結果を見て「異常なし」と記載されてホッとされて...

肝臓・腎臓・膵臓の異常を見つける数値!ASTとALTって何が違うの?

  肝臓にトラブルを感じた場合、血液検査でその異常を特定することが出来ます...

カラダノートひろば

ALT(GPT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る