カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. ALT(GPT) >
  6. ALTの数値が高かったり低かったり…なぜこんなことが起こる?

健康診断・健康管理

ALTの数値が高かったり低かったり…なぜこんなことが起こる?

 

定期的に行う検査や、採血した時、会社でおこなう健康診断・・・様々な検査をおこなう機会があるかと思います。

その検査結果を見ると「ALTの数値が一定でない」「上がり幅・下がり幅が大きい」と不安に感じる方もいます。

なぜこれほどまで数値の上下が激しいのでしょうか?「何かの病気なのでは?」と疑問に思っている方の悩みを解決しましょう。

 

 

◆生活と深くリンクする数値

ALTは、ASTと共に肝機能に関する数値を表してくれます。ALT(ASTと併せて)の数値は高いと、肝機能に異常があると診断され、医師から適切な指導をされるケースが多いです。

 

しかし、検査の結果によっては、高かったり、正常値であったり、正常値内でも低い方であったり・・・なぜ、これほどにまでがあるのか?と疑問に感じる方もいますが、ALTの数値前日の運動や、食事・喫煙のタイミングなどによっても激しく上下してしまいます。

 

◆数値が高いことで疑われる病気とは?

検査結果をみると、ALTの数値が基準値より高い!というケースもよく見かけます。こんな場合には、急性肝炎や慢性肝炎非活動型・・・などの診断をされます。

また、ALTだけでなくASTの数値も共に高い場合には、甲状腺機能亢進症、劇症肝炎などの診断をされます。

 

◆検査をする最適な状態とは?

検査を受ける際に最適だとされる状態は、前日に飲酒激しい運動をしないこと、更には検査前に喫煙を控えることなどを意識しましょう。

 

受ける検査によっては前日の夜から、絶食を・・・と指示される場合もありますし、医師から特に指示されない場合であっても、より正確な検査を受けるためには、検査前にどんな事を控えるべきかをしっかり確認しておきましょう。

 

よく「普段はジョギングをして健康的なのに、検査をすると数値が高い」と心配される方もいますが、こんな場合には、肝機能に異常があるのではなく、運動することによって筋組織に炎症(筋肉痛など)があった場合もALTの数値に響いてしまうことがあります。

前日の様子などを思い返して、検査を受ける際には適切な状態に整えておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037033.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ALT(GPT)に関する記事

肝臓疾患のマーカー『AST/ALT/LDH』や『アルブミン/血小板』の意味って?

肝臓には『逸脱酵素(ALT・AST・LDH)』と呼ばれる、肝細胞の損傷によって...

AST・ALTの数値が高い場合に考えられる疾患・病気って?

    健康診断や人間ドックによる診断でもらう結果データをもとに、発見できる...


ALT(GPT)高値だと肝障害!?確定診断のための検査はどんな感じなの?

  肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれることもあるのですが、その理由は症状が表に出る...

肝機能を低下させないために…ALT(GPT)値を正常に戻すために摂りたい〇〇!

  肝臓の機能が弱るのはお酒ばかりではなく、さまざまな生活習慣と関係しています...

カラダノートひろば

ALT(GPT)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る