カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. γ-GTP >
  6. γ-GTPの数値が200IU/I以上の方は危険!肝機能を回復させるシジミパワー知ってる?

健康診断・健康管理

γ-GTPの数値が200IU/I以上の方は危険!肝機能を回復させるシジミパワー知ってる?

 

健康診断の結果をみてビックリ!まさかγ-GTPの数値が200IU/Iを超えている!なんて、驚いた経験がある方はいませんか?

実は、この項目の数値が200を超えてしまっていると、とても危ない状態です。

“要注意”どころが“危険”なレベルにまで来ています。数値が200IU/Iを超えている方はどう生活をすると良いのでしょうか?

 

 

◆サイレントキラーはすでに蝕んでいる?!

肝臓は人間の臓器の中で、一番症状として表れにくい臓器だと言われています。よってつけられた名前が“サイレントキラー”です。知らない間に、静かに、どんどん病状は悪化していき、気づいたころにはすでに手遅れ・・・なんてことも。

 

「なんだかおかしいな・・・」と感じた時には、肝硬変や胆石、胆道癌などになっているケースも珍しくありません。食欲がない・疲労感が抜けないなどの症状を感じた方は、γ-GTPの数値が書かれた検査書をもって病院へ行きましょう。

 

◆発症しやすい病気とは?

肝臓は物言わぬ臓器だという事が理解していただけたと思います。「肝心かなめ」という言葉があるように、肝臓は心臓と同じくらいに重要な臓器なのです。すでに再生不可能な状態にまで陥ってしまわないように、早期発見・早期治療がカギとなります。

 

発症しやすい病気としては、アルコール性肝障害・ウィルス性肝炎・肝硬変・肝臓がんです。これらの病気はとても辛い症状と治療、そして命に関わってしまうほどの大きな問題となってしまいます。

 

◆肝臓に良い効果を与えるシジミパワー!

肝機能の回復を考えると、栄養のある食事はもちろんですが、脂肪分の少ないもので、高たんぱくなもの、アルコールを避ける生活などが考えられます。中でも、肝臓に良い!と注目されている食材に“シジミ”があります。シジミにはアラニンというアミノ酸の一種が入っており、この成分が肝臓の酵素をつくるエネルギーになります。

 

シジミよりも干し貝柱は更にアラニンの成分が豊富に入っています。干し貝柱2つで、シジミ10個分の成分が期待できますが、干し貝柱には塩分も入っているので、体のために食べるのであれば塩分の摂取を考えて2個程度で良いでしょう。やはりシジミをしっかり摂ることが良いと考えられます。

 

肝機能が弱っている・疲れている肝臓は、なかなか症状として表すことが苦手で、自覚症状として気づくことが難しいとされています。

それなのであれば、普段の生活から肝臓に優しい生活を送ることがベストなのでは?と考え、毎日の生活で、出来るだけ肝臓に負担をかけないような“労り”の生活を送ってみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/08/09-026007.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

γ-GTPに関する記事

γ-GTPの数値が高い…原因はアルコールだけでなく、“喫煙”も関係する?!

γ(ガンマ)-GTPとは、肝臓や腎臓、膵臓、血液などに含まれるタンパク質を分解...

γ-GTPを下げるためにはどうすればいい?有酸素運動の重要性

γ-GTPを下げるためには、簡単な方法はなかなかありません。γ-GTP の値は...


お酒を飲む人は特に大事!γ-GTPを下げる食材とは?

  γ-GTPとは肝臓や腎臓、すい臓・血液中に含まれている酵素の一種です。この...

タウリンはγ-GTPを下げるだけではない!?

  お酒をたくさん飲む人にとってγ-GTPの値が高いのは悩みの種ではないで...

カラダノートひろば

γ-GTPの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る