カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. 乳酸脱水素酵素(LDH) >
  6. LDHの数値が異常?!そもそもLDHって?どんな病気のリスクがあるの?

健康診断・健康管理

LDHの数値が異常?!そもそもLDHって?どんな病気のリスクがあるの?

 

採血の検査結果で、LDHの数値が高いと指摘されたり、結果用紙に“注意・再検査・再診”などと書かれてしまった経験はありませんか?

実際に、検査結果をみて、注意などと書かれていても何に注意すべきなのか、LDHの異常とはどんなものなのか判断がつかないことが殆どです。

ここではLDHの数値を見ながらどんな病気のリスクがあるのか?を見ていきたいと思います。

 

◆そもそもLDHって??

基本的な事ではありますが「LDHって何?」と、きっと誰しもが思うでしょう。なかなか聞きなじみの無い言葉ですし、見ても想像がつきません。この段階で“解らないからどうしようもない”と理解することを諦めてしまう方も沢山います。

 

LDHとは、体の中で糖分がエネルギーに転換される際に働く“酵素”の一種です。様々な細胞にLDHは存在するのですが、特に肝臓・腎臓・心筋・骨格筋・赤血球に多く存在します。

これらの臓器に異常が起きてしまうと、細胞が壊死してしまい、細胞内のLDHが血液中に沢山流れ出てきます。

 

この時に採血をしてLDHの数値を調べると、LDHの数値によって臓器の異常などが発見できるという仕組みです。

 

◆LDHの基準値とは?

LDHの正常とされる基準値はSFBC準拠法で180〜370IU/Iと決められています。しかし、測定法やUV法、PL反応法などによって異なってしまうので、注意が必要になります。

 

男女差は特にありませんが、妊婦さんも注意が必要で、妊娠後期には数値が一気に上がってしまい出産直前には、基準値の2倍ほども上昇してしまいます。

 

◆異常があった場合にはどうすれば良い?

数値を見て、正常基準値よりも高い・大きく差があるなどの異常を感じた場合には、医師に伝え、再度診察・検査を行いましょう。

 

LDHには、更に詳しく種類わけされているので、具体的な検査を行うことで、LDHでも、特にどんな種類のものが反応しているのか?その種類が反応してしまう原因となる病気は何なのか?を突き止めることが出来ます。中にはが原因であるケースもありますが、癌の場合にはなかなか判断がつきません。

 

とにかく異常を感じた場合には、考えないで医師に相談です。採血によって検査をしてもらえるので時間や傷を伴うものではありません。

それ以上に、早期発見・早期治療が最も大切です。治療をしないままでいると、最終的にはまで蝕まれてしまいます。そうならないためにも、まずは受診をしてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/11/08-372540.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳酸脱水素酵素(LDH)に関する記事

女性や子供は乳酸脱水素酵素(LDH)基準値が違うって本当?

  乳酸脱水素酵素(LDH)は肝臓、心臓、腎臓などの病気があるかどうかを知るた...

「乳酸脱水素酸素(LDH)って何?」LDHの数値が上昇していると●●の可能性が!?

  カラダの健康や異常を数値と示す記号は沢山あって、LDLやDTP、HDL...


肝機能障害の可能性も?乳酸脱水酵素が検査項目に含まれる理由

  乳酸脱水酵素という言葉は聞いたことがないかもしれませんが、LDHという...

体の異常を数値に表した「LDH」…LDHアイソザイム分析検査でより詳しく検査できるんです!

  健康診断などの検査を受けた結果、LDHの数値が高かった・・・という方は...

カラダノートひろば

乳酸脱水素酵素(LDH)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る