カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. 乳酸脱水素酵素(LDH) >
  6. 体の異常を数値に表した「LDH」…LDHアイソザイム分析検査でより詳しく検査できるんです!

健康診断・健康管理

体の異常を数値に表した「LDH」…LDHアイソザイム分析検査でより詳しく検査できるんです!

 

健康診断などの検査を受けた結果、LDHの数値が高かった・・・という方は少なくありません。このLDHですが、実際には更に細かく分析することが出来ます。

その分析とは、アイソザイム分析検査です。この検査を具体的にみていきましょう。

 

◆LDHは複数の臓器の総合的数値!

LDHの数値は、体の様々な組織の異常を総合的に数値として表したものです。

LDHの数値が高い方は、臓器のうち、この部分が異常アリ!という具体的なものではなく、全体的な臓器を見て、総合的に判断した結果異常があったというようなものです。

 

その臓器とは、主に臓・腎臓・心筋・骨格筋・赤血球などを示します。

これらの臓器のどこかが壊死することで細胞内のLDHが血液に流れ出て、採血の検査でLDHが反応する・・・といった仕組みです。

 

◆LDHアイソザイム分析検査とは?

上記で述べたようにLDHの数値は様々な臓器の総合的な数値になるわけなので、実際にはどこの臓器に異常があるのかが解りません。そんな時に更にどの臓器が原因なのかを知るために、このLDHアイソザイム分析検査を受けます。

 

アイソザイムとはLD1からLD5までに区分されており、LD1からLD5の数値のうち、どの数値が高いかによって、どこの臓器に異常があるのか・どんな病気が疑われるのかを判断します。

 

◆LDHアイソザイム分析検査によって疑われる病気とは?

細かく分析することで解ってくる病気とは、以下のようなものです。

 

・心筋梗塞・・・・・・・・・LD1とLD2の数値が高い

・急性肝炎や肝硬変・・・・・・・・・LD5の数値が高い

・多発性筋炎や筋ジストロフィー・・・・・・・・・LD2とLD3の数値が高い

・悪性貧血・・・・・・・・・LD1の数値が高い

・慢性骨髄性白血病・・・・・・・・・LD2とLD3の数値が高い

・悪性腫瘍・・・・・・・・・LD3およびLD4、LD5の数値が高い(LD3が特に上昇)

 

 

LDHの数値が高い場合には、原因となる臓器を早期発見しなければなりません。出来るだけ早めの検査・治療をおすすめします。生活や食事などの指導は医師が適切な方法を話してくれます。相談しながら、ストレスをため込むことのないよう息抜きをしつつ付き合っていきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/11/07-010090.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳酸脱水素酵素(LDH)に関する記事

LDHの数値が異常?!そもそもLDHって?どんな病気のリスクがあるの?

  採血の検査結果で、LDHの数値が高いと指摘されたり、結果用紙に“注意・...

女性や子供は乳酸脱水素酵素(LDH)基準値が違うって本当?

  乳酸脱水素酵素(LDH)は肝臓、心臓、腎臓などの病気があるかどうかを知るた...


肝機能障害の可能性も?乳酸脱水酵素が検査項目に含まれる理由

  乳酸脱水酵素という言葉は聞いたことがないかもしれませんが、LDHという...

LDHの数値に“経過観察”の指示?!どうすれば良いの?まずは再度検査を受けることが大切!

  会社の健康診断を受けた後、もらった検査結果を見て、“経過観察”や“要注...

カラダノートひろば

乳酸脱水素酵素(LDH)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る