カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 禁煙 >
  4. 喫煙のリスク >
  5. 喘息の症状が悪化しひどくなる!?小児喘息と親の喫煙の関係

健康診断・健康管理

喘息の症状が悪化しひどくなる!?小児喘息と親の喫煙の関係

 

国内では小児喘息を患っているお子さんが500万人もいる

そうです。患者数は年々増加傾向にあり、発症年齢も低年齢化が

進んでいます。早い例だと生後2~3か月で小児喘息と診断されるケースもあるようです。

 

・小児喘息とは?

 

小児喘息はホコリやダニ、インフルエンザウイルス、ペットの毛などアレルゲンが要因となり慢性的に気管・気管支が炎症を起こすことで発症します。炎症を起こした気管は狭くなるために呼吸困難になったり息切れの症状が起こります。タバコ自体はアレルゲンではなく発症の原因にはなりませんが、気管を刺激して炎症を悪化させる要因となります。治療には炎症を抑えて発作を予防するために吸入ステロイドが用いられますがタバコの煙を吸うことでステロイドの効きが悪くなるとも言われています。

 

・小児喘息に受動喫煙は厳禁

 

タバコが喘息に対して悪影響を起こすのですから受動喫煙も厳禁です。「軽いタバコだから」とか「換気をするから」など、安易な考えで受動喫煙にさらすことは禁物です。また、喫煙者自身が吸い込む主流煙に比べ、周りの人間が吸い込む副流煙の方が有害物質を多く含んでいることが知られています。小児喘息のお子さんを持つ方はタバコについて十分注意することが必要です。

(Photo by //pixabay.com/ja/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E5%B0%91%E5%B9%B4-%E5%AD%90-%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84-%E5%BC%8F-%E9%A1%94-%E4%BA%BA%E9%96%93-%E5%B9%BC%E5%85%90-%E5%AD%90%E4%BE%9B-19295/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喫煙のリスクに関する記事

喫煙と関連性がないように感じる、うつ病や骨粗しょう症…意外な原因は喫煙なんです!?

    喫煙がもたらす病気は多いですね。さまざまなガンをはじめ 脳疾患...

欧米だけではない!日本にも喫煙者を採用しない企業がある!喫煙者に厳しい雇用の時代が来る?

  近年、アメリカをはじめとする様々な国の企業が喫煙者に対して 厳しい雇...


喫煙による寿命の変化・健康寿命の変化

  喫煙者の皆さん、タバコがガンや心疾患、脳疾患など様々な 病気の原因と...

恐ろしいピロリ菌、喫煙との関係

    数年前から話題になっているピロリ菌をご存じでしょうか? 日本人...

カラダノートひろば

喫煙のリスクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る