カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. トマトに含まれている血中中性脂肪の減少を促す成分とは?~生活習慣病予防~

生活習慣病

トマトに含まれている血中中性脂肪の減少を促す成分とは?~生活習慣病予防~

 

トマトは健康に役立つ機能成分を多くもつとされ、近年注目されています。トマトの機能成分を含んだ健康食品やサプリメントも販売されています。そんなトマトの機能成分の中に血中の中性脂肪を低下させる成分があります。今回はこの中性脂肪を低下させる機能成分について紹介します。

 

 

トマトの血中の中性脂肪を低下させる成分

 

この成分は13-oxo-11,octadecadienoicacidと言い、京都大学の研究機関が発見しました。13-oxo-11,octadecadienoicacidの有効性はマウスを使った実験において証明されました。肥満のマウスに13-oxo-11,octadecadienoicacidを含んだ高脂肪のエサを与えるグループと、13-oxo-11,octadecadienoicacidを含んでいない高脂肪のエサとを与えたグループを比較すると13-oxo-11,octadecadienoicacidを含んだエサを食べたマウスにおいて血中の中性脂肪の上昇を抑制していました。さらに、この作用に加えて脂肪を燃焼する効果が認められました。

 

 

トマトの13-oxo-11,octadecadienoicacid以外の健康成分一覧

 

リコピン

活性酸素を抑える抗酸化作用があります。老化防止やがんの予防、動脈硬化の予防に役立ちます。また、美白効果があるとされています。

 

クロロフィル・ステロール

抗がん作用があるとされています。

 

ビタミンC

活性酸素を抑える抗酸化作用があります。老化防止やがんの予防に役立ちます。また、美白効果があるとされています。

 

ビタミンB6

タンパク質の代謝に関わります。

 

カロテン

活性酸素を抑える抗酸化作用があります。老化防止や動脈硬化防止に役立ちます。

 

カリウム

ナトリウムを排出する作用があり、高血圧を防ぎます。

 

ルチン

血管を強くする作用があり、動脈硬化を防ぎます。

 

 

このようにトマトには血中の中性脂肪を低下させる効果を始め、健康増進に役立つ成分が多く含まれています。意識してトマトを摂るようにしてみてはどうでしょうか?

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/14-381997.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事療法に関する記事

実は関係していた?咀嚼の回数とメタボリックシンドロームの関係性

  小さいころ、『よく噛んで食べた方がよい』と言われたことがあるという方も多い...

抗酸化成分が豊富!「豆苗と厚揚げのボリュームヘルシー炒め」

「豆苗(とうみょう)」。みなさんは食べたことありますか? 読んで字のごとく...


まずはできそうなことから始めてみよう!食事でメタボ改善する方法

  メタボリックシンドロームは内臓脂肪が多くなってしまうことによって、様々な疾患...

中性脂肪を下げるために!気を付けなければならない飲み物

  中性脂肪は、値が多いと動脈硬化性疾患のリスクが高まります。健康診断では...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る