カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 治療・薬 >
  5. 緊張型頭痛の予防治療薬にはどのようなものがあるか

頭痛

緊張型頭痛の予防治療薬にはどのようなものがあるか

 

緊張型頭痛は一次性頭痛の中で最も患者の数が多い頭痛です。原因としては身体的ストレスや精神的ストレスが大きな原因であると言われています。そのような緊張型頭痛ですが、頭痛を発生しにくくさせる予防薬がいくつか確認されています。今回は緊張型頭痛の発生を防ぐ薬を紹介します。

 

 

抗うつ薬に分類されるもの

 

アミトリプチン

クロミプラミン

マプロチリン

ミアンセリン

ミルタザピン

トピラマート

 

緊張型頭痛には精神的ストレスや脳の中枢神経が大きく関わっています。このため量は1日当たり5mgと少量から始めます。最大、1日当たり30mgまで増加できます。副作用に口の乾きや便秘がありますので、薬を増加した際にこれらが見られたら医者に相談してください。

 

 

抗不安薬に分類されるもの

 

アルプラゾラム

エチゾラム

 

特に不安を感じている患者さんに処方されます。精神を安定させ精神的ストレスを少なくし、頭痛を防ぎます。不安など精神的なストレスを受けている場合、頭痛外来と併行して心療内科を受診することが良いとされています。

 

 

筋弛緩剤に分類されるもの

 

チザニジン

エペリゾン

 

肩こりや首こりは緊張型頭痛の大きな原因となります。そのため、筋肉を弛緩させ、肩こりや首こりを解消し、緊張型頭痛を防ぎます。

 

 

上記の薬は医療機関に行けば処方してもらえます。精神的にストレスがかかっている又は、不安を強く感じていると自覚していなくても、精神的にストレスがかかっている、不安を強く感じている場合があります。頭痛が続く方は頭痛頻度や継続時間を減らすためにもこれらの予防薬を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/05/22-362196.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

鎮痛薬・筋弛緩薬・抗不安薬…どれを選ぶべき?緊張型頭痛の治療薬まとめ

頭痛の中でも、『緊張性頭痛』は生涯で罹患する人の割合が3~7割と言われるよう...

気を付けたい!緊張性頭痛かなと思ったら、片頭痛治療薬がNGって知ってる?

緊張性頭痛は、ストレスや筋緊張(肩こり、首の凝り)などで起きる頭痛です。その...


緊張性頭痛に効果があるツボ

  緊張性頭痛は、肩こりや首の凝りが原因になります。ストレスや運動不足までは解...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る