カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. エコノミークラス症候群 >
  5. さまざまな種類の手術の後遺症!この症状は後遺症が原因?!

気になる病気・症状

さまざまな種類の手術の後遺症!この症状は後遺症が原因?!

 

手術をするという事は、身体のどこかに手術を必要とする病気が発生して、治すために必要だと医師が判断したという事です。手術時には麻酔を使って無意識や無痛状態にして、手術をするための環境を整えます。手術後には、様々な後遺症が残る場合がありますが、どんな後遺症があるのでしょうか。

 

(身体的な変化)

病気けがなどで、必要に応じて切除することで、身体の一部が消失することがあります。これは、身体的な後遺症より、失った喪失感心の痛みが大きく関わってきます。

 

(手術の痕や痛み)

手術傷跡痛みは、かかった時間によって人それぞれですが、特に女性は身体に残る手術痕が気になりますよね。痛みは、自然と治まるのを待つか、痛くて我慢できない場合は医師に相談して、鎮痛剤を処方してもらうなどの対応ができます。

 

(ダンピング症候群)

ダンピング症候群は、切除したことで、十分に消化されていない食べ物が急速に腸に流れ込むことで起こります。晩期ダンビング症候群は、食後23時間後に突然、脱力感や冷や汗、倦怠感、めまい、手足の震えが起こります。

 

(がん手術の合併症)

合併症には、軽いものから命に関わるような重篤な症状まで様々です。代表的なもので、肺炎、発熱、出血、傷の感染、脳梗塞、心筋梗塞、持病の悪化などがあります。肺炎などは、どんな手術でも起こりうる合併症で、手術後の死亡原因にもなっています。

 

深刻な合併症としては、長時間体を動かさないことで足の静脈に血栓ができ、それが肺に移動して呼吸困難を引き起こします。「エコノミー症候群」と言われ死に至ることもあります。

 

 

このように、病気を治すためには合併症やリスクもあることを理解して、病気の治療をしましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/04/25-388299.php?category=4

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エコノミークラス症候群に関する記事

エコノミークラス症候群になりやすい人 当てはまったら要注意!

エコノミークラス症候群は、旅行者に多い症状として有名です。しかし、旅行の時だ...

エコノミークラス症候群の予防策!飛行機に乗ったら気をつけて!

    エコノミークラス症候群という言葉は、聴いたことのある言葉だと思い...


エコノミークラス症候群(静脈血栓閉塞症)の原因と予防

    避難所生活におけるエコノミークラス症候群の予防   3.11の関東大震...

長時間のフライトなどで要注意!エコノミークラス症候群の予防ポイント

   エコノミークラス症候群とは、飛行機などで長時間同じ姿勢で座っていると...

カラダノートひろば

エコノミークラス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る