カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 下肢静脈瘤 >
  5. 手術後に手が震えるのは麻酔の副作用のせい?!~全身麻酔と局所麻酔~

気になる病気・症状

手術後に手が震えるのは麻酔の副作用のせい?!~全身麻酔と局所麻酔~

 

 

手術中に、無意識の状態にしたり、手術の痛みをなくしたり、体の反射を起こさせないようにするために使われ、脳や脊髄神経、手や足先の末梢神経なの神経の働きを一時的に抑制するために使用する薬が麻酔薬です。

 

麻酔の種類

麻酔薬には、意識がなくなる全身麻酔と、意識はあるが痛みを感じなくなる局所麻酔の2つの方法に分けられます。

 

人は、寝ている時も意識がない状態になりますが、眠っている間に痛みを与えると、反射的に目が醒めてしまいますよね。手術のような痛みを伴う傷や身体に刺激を与えたり、大きなストレスを与えても、無意識、無痛、反射で動かない、記憶にも残らない状態を保つことができるのが全身麻酔です。

 

全身麻酔には、麻酔ガスを吸う吸入麻酔法と、点滴から麻酔薬を注射して麻酔をする静脈麻酔法があります。

 

一方、局所麻酔は、末梢神経に局所麻酔薬を注入して、意識を保ったまま痛みを感じないようにする麻酔法です。局所麻酔は、スプレーで噴霧したり注射することで麻酔をする、表面麻酔と浸潤麻酔があり、脊髄神経や太い神経の近くまで針をすすめて、局所麻酔薬を注入する伝達麻酔とがあります。

 

伝達麻酔には、腰から注射する脊椎麻酔、硬膜外麻酔などがあります。

 

麻酔の副作用と合併症について

全身麻酔で最も多い合併症は、のどの痛み、頭痛、吐き気、めまい、腰痛、目の違和感、手術後の震えです。また、中度の合併症になると手足のしびれや麻痺が出現する事もあります。

 

最も重症な合併症は脳障害や心臓停止などです。全身麻酔は頭や心臓、肺など大手術の時に使用されます。

 

局所麻酔は、全身麻酔に比べると意識もあるので、合併症やリスクも少なくなります。

 

麻酔を必要とする手術時には必ず、医師の説明をよく聞きましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下肢静脈瘤に関する記事

むくみや湿疹、かゆみ…下肢静脈瘤による症状と治療について

下肢静脈瘤は、動脈瘤と比べると危険の少ない症状ばかりとなります。ですが、危険が...

まるで青い蜘蛛の巣!?血流が逆流し蓄積する下肢静脈瘤

  下肢静脈瘤は下肢への負担で、静脈の弁が壊れる血管疾患です。 静脈の弁が...


下肢静脈瘤のストリッピング治療とは?

    下肢静脈瘤のストリッピング治療とは?   下肢静脈瘤という病気を...

絶対知っておきたい!下肢動脈瘤の仕組みとレーザー治療について

    下肢静脈瘤とは?   「下肢静脈瘤」という症状をご存知でしょうか...

カラダノートひろば

下肢静脈瘤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る