カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. むくみ・だるさ >
  6. 片頭痛と同時に現れる症状にはどんなものがある?~片頭痛の前兆~

頭痛

片頭痛と同時に現れる症状にはどんなものがある?~片頭痛の前兆~

 

片頭痛には前兆のある片頭痛と、前兆のない片頭痛に分けられます。この片頭痛ですが、頭痛発作の前に何かしらの自覚症状がありますが、頭痛以外にも様々な症状が現れます。どんな症状が現れるのでしょうか。

 

(前兆を伴わない片頭痛)

中程度から高度の頭痛が4時間~72時間程度継続します。痛みは頭の片側どちらかに現れることが多く、日常生活動作などで体を動かすだけで痛みが増強し、痛みと共に、嘔吐や光過敏、音過敏など感覚が過敏になることがあります。

 

判断基準として、頭痛発作が472時間続く、頭の片側が痛む、脈に合わせて起こる痛み、日常生活に支障が出るほどの頭痛、日常的な運動で症状が悪化する、嘔気・嘔吐がある、光と音に対して敏感になる等の症状が5回以上あれば前兆を伴わない片頭痛であると診断されます。

 

(前兆を伴う片頭痛)

視野の半分が欠ける状態の「半盲」やキラキラしてギザギザした閃光がぼやけて見える「閃輝暗点」というような症状が前兆として現れ、20分~30分程続き、消えた後に激しい頭痛が起こります。感覚障害言語障害が見られることもあります。

 

判断基準としては、視野の欠損や閃輝暗点など脳の症状が一過性に見られる、前兆の症状が4分以上にわたって進展する、1種類の前兆では60分以上続くことはないが、2種類以上の症状がある場合に持続時間が延長する、前兆の60分以内に頭痛が起こる等の発作が2回以上あれば、前兆を伴う片頭痛と診断されます。

 

 

頭痛がひどくなるにつれて、吐き気や嘔吐を伴うことが多く、発作中は普段は気にならないような光や音、臭いを敏感に感じる人が多いようです。頭痛以外にも、このような症状が現れるのが、片頭痛の特徴です。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/05/11-388491.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみ・だるさに関する記事

目が見えなくなることも!片頭痛に伴うさまざまな症状

   片頭痛が起こるメカニズムは諸説ありますが、現在最も有力とされているのが「...

もしかしたら、生あくびが片頭痛のサインかも?!

  夜はよく寝て眠たくないはずなのに、なぜか出てくる生あくび。仕事中や大事な場面...


片頭痛(偏頭痛)の前兆?!ギザギザした光の正体は?~閃輝暗点の症状~

片頭痛には、頭痛になる前に前兆が見られるのが特徴です。まず、片頭痛の症状が現...

頭痛と体のだるさはどこからやってくるのでしょう!?~片頭痛の症状~

日常生活を送る中で、体がだるいなと思っていたら今度は頭痛が襲ってきたという経験...

カラダノートひろば

むくみ・だるさの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る