カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. 寝過ぎに注意!片頭痛や体のだるさは過度な睡眠にあった!

頭痛

寝過ぎに注意!片頭痛や体のだるさは過度な睡眠にあった!

 

平日に、頑張って仕事や勉強で疲れてしまって、休日に疲れを取るために何もしないで寝過ぎてしまう事はありませんか?寝過ぎた後になぜか頭が痛い・・・。実は、この過度な睡眠は体を癒して疲れを取るどころか、逆に片頭痛やからだのだるさを助長させてしまう原因になっているのです。

 

 

(寝過ぎと頭痛の関係について)

 

寝過ぎると緊張が緩んで、脳の血管が拡がります。寝過ぎて血行が悪くなると、血管を緊張させる働きのセロトニンという物質を脳内に大量に放出し、頭の中の血管が弛緩します。弛緩した血管は拡張して、それが周囲の神経を刺激することで頭痛が起こると言われています。これは、血行が悪いのを体が回避しようとして起こる反応で、血管が緩むことが原因で頭痛を引き起こします。

 

(寝過ぎた時に有効な頭痛の治し方)

 

・寝過ぎによる頭痛は、脳内の血管が拡張して起こっているので、血管を収縮させるために、氷水や、冷たいタオルなどで痛む部分を冷やす。

 

・カフェインには血管を収縮させる効果があるため、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインの入ったものを摂取する。

 

・頭痛鎮痛剤を飲む。病院で処方されている場合はその薬を服用しましょう。薬がない場合は市販の頭痛鎮痛剤を服用したり、ロキソニンなどの鎮痛剤も効果的です。頭痛発症直後に飲まないと効果がないので、タイミングをみて飲むようにしましょう。

 

・こめかみのマッサージや背筋を伸ばすストレッチを行う。血行を良くするストレッチが効果的です。

 

 

このように、寝過ぎは脳にも影響を及ぼす為、適度な睡眠を心がけましょう。休日だからと言って寝過ぎると、せっかくの休日が頭痛と体のだるさで終わってしまい、さらにストレスを溜める原因になるので気を付けましょう。

写真://www.ashinari.com/2014/05/12-388502.php?category=11

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

緊張性頭痛の原因は?首や肩の凝りからくる頭痛の対処の仕方

  日本人の成人の男性・女性の殆どが首や肩凝りを感じているのではないでしょうか...

チーズに要注意!片頭痛とチラミン

  片頭痛の原因は血管の拡張にあると考えられます。そのため、血管を拡張する...


頭痛の原因となる香水の臭いを避けるポイント

  満員電車の中は湿度が高い、室温が高い、人ごみでストレスになるといったように...

亜硝酸塩が片頭痛の原因に!

    片頭痛と食物との関連については古くから議論されています。 その中で...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る