カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腹部超音波 >
  5. 腹部エコーからわかる病気に共通する特徴とは?腹部エコーでわかる『組織の異常』

健康診断・健康管理

腹部エコーからわかる病気に共通する特徴とは?腹部エコーでわかる『組織の異常』

 

健康診断などでもおなじみなのが腹部エコーです。

腹部に医療用のゼリーを塗って、上から機械を押し当ててお腹やその付近の異常を見つけるのが腹部エコーの役目です。

そんな腹部エコーからわかる病気にはある共通の特徴があります。

 

●腹部エコーでわかる『組織の異常』

腹部エコーからわかる病気の代表ともいえるのが腫瘍です。腫瘍とは良性にしても悪性にしても、組織内もしくは組織と組織の間などにできものが出来る病気です。

悪性腫瘍は一般的に『がん』と呼ばれ、リンパ節や血管を通ってほかの組織に腫瘍が転移するケースもあります。

その他には脂肪肝、胆石なども腹部エコーからわかる病気の代表です。これらの病気も石がある、肝臓が白く映るなどといった特徴を持っています。

 

●内部に流れているものの異常はわかりにくい

腹部エコーでは腫瘍、石など形のあるものについては非常にわかりやすいです。肝臓、膵臓、胃腸など人間の体に欠かせない部位が多く集まっているお腹付近の健康診断には腹部エコーは必要と言えるでしょう。

ただし、例えばお腹の中を流れる血管に異常がある、すい臓内にある特定の物質が生産されないなどと言った場合には腹部エコーは役立ちません。

内部に流れているもの、内部から出るべき・吸収されるべきものを調べるには尿や血液など、全身を流れているものに関する検査が必要です。

 

腹部エコーによってわかる病気は組織に腫瘍が出来ていたり、組織内に石が溜まっていたりといった病気で、組織内の血管やリンパ管の中の物質の異常についてはわかりません。

ですが、腹部全体を見られることの他に、被爆の心配がなく、ゼリーの冷たい感じはあっても不快感もないことから健康診断で用いられることが多いです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/31-375836.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部超音波に関する記事

痛みも被ばくの危険もありません!腹部超音波のメリットを知ろう

  健康診断の検査と言えば痛そうなものが多いイメージもありますね。例えば、小さ...

痛みや圧迫感が無く、身体に無害な「甲状腺エコー」検査で分かることって?

甲状腺の病気は、あまり一般的な病気とはいえませんが、誰しも発症する可能性がある...


心房細動・人工弁・胸部大動脈瘤に必要な検査 「経食道心エコー」検査とは?

超音波を使ったエコー検査は、痛みもなく身体への負担や害がほとんどないことから...

動脈硬化治療に必要不可欠な「頸動脈エコー」検査 その注意点とは?

食生活の欧米化に伴い、現代人の生活習慣病は深刻さを増しているといえます。 ...

カラダノートひろば

腹部超音波の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る