カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 大腸の中の菌の割合によって‘大腸がん’の発症のしやすさが異なる!

ガン・悪性腫瘍

大腸の中の菌の割合によって‘大腸がん’の発症のしやすさが異なる!

 

大腸にはさまざまな菌がおり、人間の健康は大腸の菌のさまざまな種類の割合で決まってきます。大腸の菌の割合は便で調べ、大切な健康の指標となります。例えば、便を調べて菌の割合がいくつかの種類の菌に偏っていれば、その菌は大腸で有害性のある物質を生産し、人間に健康被害を与えていることがわかります。このように人間の健康には大腸の菌の割合が大切です。今回は大腸の菌が偏るとなりやすい病気と健康にかかせない主な菌、多くなると有害物質を出す主な菌について紹介します。

 

 

大腸の菌が偏るとなりやすい病気

 

代表としては大腸がんがあります。この他には発育障害、肝臓障害、動脈硬化、高血圧、自己免疫疾患、免疫抑制などがあります。また、菌の種類が偏ることによって便の水分吸収が不十分だったり、長い間大腸に留まったりして下痢や便秘になります。

 

 

健康にかかせない菌

 

バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌、ビフィズス菌は大腸の中でビタミン合成・消化・吸収、病気への感染防御、免疫作用を刺激して促進させるといった働きをします。しかし、これらの菌だけがいれば健康になるわけではありません。各個人に合った種類の菌が適切な割合で大腸に存在することが大切です。

 

 

多くなると有害物質を出す菌

 

腸球菌や大腸菌、乳酸桿菌、ベーヨネラがあります。これらは多くなりすぎると有害物質を生産します。動物性タンパク質を多く含む食事ばかり摂っていると割合が高くなりやすいとされています。少量であればビタミン合成・消化・吸収、病気への感染防御、免疫作用を刺激して促進させるといった働きをします。これらの菌と異なり完全に人体に有害な病原性をもつ菌があります。病原性の菌としてはウェルシュ菌、ブドウ球菌、プロテウス、緑膿菌があります。

 

 

このように大腸の菌の割合が崩れるとさまざまな病気になります。腸に良いといわれる食品を摂取し、良い大腸の菌バランスをたもってください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/01/27-356375.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因・予防に関する記事

マグネシウムやカルシウム…大腸がんの予防のために摂っておきたい成分は何?

昨今、増加傾向にある大腸がん。できるものなら予防したいですよね。食生活と大腸...

大腸がんは遺伝するのか?遺伝性のがんの特徴について

某ハリウッド女優が乳がんが遺伝する確率が高いため、予防的に乳房を切除したとい...


お腹の調子を整えて大腸がん予防。レンコンのきんぴら

【レシピ】レンコンのきんぴら れんこんに含まれる不溶性の食物繊維はお腹の調子を...

女性のがんの死因1位!女性の大腸がんが増えている訳と便秘との関係

女性ならある程度の年齢になったら誰もが気になる、子宮や乳房のがんを含めた婦人...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る