カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 動物性の脂質やタンパク質の摂りすぎは危険!大腸がんと大腸中の菌の関係

ガン・悪性腫瘍

動物性の脂質やタンパク質の摂りすぎは危険!大腸がんと大腸中の菌の関係

 

 

大腸がんの原因として、腸内の菌のバランスが大きく関わっています。今回は大腸がんと大腸中の菌の関係について紹介します。

 

 

大腸がんと大腸中の菌の関係

 

日本人の食生活が欧米化しているため、動物性の脂質や動物性タンパク質の摂取量が大幅に増加しています。動物性の脂質はまず胆汁酸によって分解され、脂肪酸とグリセリンになり小腸で吸収され、エネルギーとなります。脂肪酸とグリセリンはエネルギーとなるだけなのですが、胆汁酸の34割が大腸に流れ込み、特定の腸内細菌によって二次胆汁酸(デオキシコール酸やリトコール酸)となります。この二次胆汁酸が発がん性を持ちます。

動物性タンパク質は一定量は必要ですが、大量に摂取するとさまざまな消化酵素によってタンパク質が消化されてアミン類となり、大腸に流れ込み、特定の腸内細菌によって二級アミン類を経てニトロソアミンができます。このニトロソアミンが発がん性を持ちます。動物性の脂質や動物性タンパク質の摂取量が多いと、このように大腸がんのリスクが高まってしまいます。

 

 

発がん性物質をできるだけ少なくするには?

 

まず、動物性の脂質(バター、ラードなど)動物性タンパク質(牛肉、豚肉、鶏肉など)の摂取量を控え、タンパク質や脂質は魚介類やダイズ製品、植物性油脂から摂取するようにします。野菜や海藻類などに含まれる食物繊維も多く摂ることを意識してください。和食が大腸の中の細菌にとって理想的です。

 

 

このように動物性脂質と動物性タンパク質の摂りすぎは大腸がんの発生リスクを高めます。特に日本人は今まで動物性の油脂や動物性タンパク質を大量に摂取する生活を送っていないため、体にかなり負担がかかります。動物性の油脂や動物性タンパク質を全く食べないとする必要はないですが、適度な量を摂取する程度に抑えてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/07/23-005586.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

大腸にできるポリープはガンになりやすい?大腸ポリープの分類とガンに対するリスクの違い

    大腸にできるポリープには2つの分類があります。またポリープにも種類が...

乳酸菌は『死菌』でも腸内環境改善効果がある!

  便秘の解消から、癌の予防まで、腸の常在菌である『乳酸菌』は人にとって有...


大腸がんとアルコールの関係とは?大量飲酒で高まるリスク

自分の好きな時間をお酒とともに楽しんだり、ほろ酔いの状態でコミュニケーション...

大腸がんと並行して起きることがある糖尿病に注意!~大腸がんと糖尿病の関係~

    大腸がんと糖尿病は食生活を通して大きな関係があります。また、大腸がん...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る