カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. アフターピルで避妊できる理由とは?女性ホルモンの仕組みについて

女性のカラダの悩み

アフターピルで避妊できる理由とは?女性ホルモンの仕組みについて

アフターピルはモーニングピルとも呼ばれ、避妊に失敗した場合など、一定の時間以内に服用することで避妊ができるピルです。アフターピルと黄体ホルモンの関係、服用方法、服用後の症状や費用など、作用機序などの仕組みをわかりやすくまとめました。

使う機会がないのに越したことはないですが、いざというときのために知っておくと安心です。 

 

月経に関わる女性ホルモンは2種類

月経に関わる女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つ種類があります。

 

エストロゲンは卵巣に存在する卵子の周りにある卵胞の主成分です。エストロゲンの作用は、約4週間ごとに卵子を1つ成長させ、排卵させることと、子宮の内側を覆う粘膜(子宮内膜)を厚くさせることです。

 

プロゲステロンの作用は排卵4週間後にエストロゲンが少なくなる時期に放出され、子宮に卵子が着床できる状態にすることです。そして、プロゲステロンの分泌がなくなると同時に生理が起こります。 

 

緊急避妊薬が効く理由

緊急避妊薬が効くメカニズムは、プロゲステロンの作用に関わっています。

 

緊急避妊薬を飲むことにより、プロゲステロンと同じ作用を起こす物質が子宮に到達させ、人口的に子宮でプロゲステロンが分泌された状態を作ります。

 

緊急避妊薬を飲み終わると、プロゲステロンと同じ作用を起こす物質が子宮に来なくなるため、人口的にプロゲステロンが分泌されない状態となります。この状態になると生理が起こるため、妊娠を防ぐことができます。ただし、100%妊娠を防げるわけではありません。 

 

緊急避妊薬の費用

緊急避妊薬は上記のように効くメカニズムがわかっている安全な薬です。しかし、日本では保険適用外であり、医療機関によって値段がまちまちです。

 

緊急避妊薬が効果を発揮するメカニズムは上記のようになります。避妊を失敗したりする可能性もあるため、一度近くの産婦人科で緊急避妊薬が処方してもらえるか、料金はいくらなのか調べてみてはいかがでしょうか。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: いおさん

本記事は、2016-10-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

アフターピル(緊急避妊薬)とはどんな薬なの?効果と注意点について

アフターピルは望まない妊娠の可能性がある際に使う薬です。アフターピルが必要であ...

吐き気や頭痛など…アフターピル(緊急避妊薬)を使用した際にでる副作用とは?

    アフターピルとはホルモン剤であり、元々副作用が出やすいものです。また...


アフターピル(緊急避妊薬)は保険は適用される?医療機関での値段

    アフターピルを処方してもらう際に、医療機関に行くときいくら持って行け...

死亡例もある!?知っておきたいピルの副作用

避妊や生理不順の解消のために主に用いる薬がピルです。女性器の病気を患ったこと...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る