カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 原因 >
  4. 頭痛によって本当に痛い場所はどこ?痛みを感じる理由と痛みが起こる原因

頭痛

頭痛によって本当に痛い場所はどこ?痛みを感じる理由と痛みが起こる原因

 

頭痛には、緊張型頭痛や群発頭痛などさまざまな種類の頭痛があります。この頭痛によって痛みを感じている部分は頭のどの部位なのでしょうか?今回は頭痛を感じる時に痛みを感じている部分を紹介します。

 

 

脳自身には痛みを感じる器官はない

 

痛みを感じる器官は、自由神経終末と呼ばれる感覚神経の先端です。自由神経終末は、刺激を受けやすい部位である手や足の皮膚に多く配置されています。自由神経終末があまり配置されていないのは、内蔵や体の中心部にある部位であり、脳自身にも配置されていません。頭が痛いと感じる場合は脳を包む髄膜です。髄膜は脳を袋状に包んでいます。髄膜の内部には血管と神経が網の目のように張り巡らされています。髄膜で受け取った痛みの信号を大脳で受け取り、痛みを感じています。

 

頭痛を感じる経路

 

髄膜で受け取った痛みの刺激はまず、自由神経終末のニューロンという部分において電気信号(活動電位)として送られます。ニューロン1つで大脳まで繋がっていないため、ニューロンからニューロンに電気信号が伝わる際には、ニューロンとニューロンの隙間のシナプスにおいて化学物質に変換されて痛みの刺激が送られます。この電気信号と化学物質によって、痛みの刺激は髄膜から大脳に伝わります。現在出ている頭痛薬の効くメカニズムのほとんどは、シナプスで化学物質が分泌されるのを阻害することです

 

頭痛の刺激が起こる要因

 

髄膜で炎症が起きたり、血管が拡張したり、収縮したりすることが原因とされています。ただ、炎症が起きたり、血管が拡張したり、収縮したりする原因がはっきりとわかっていないため、治療方法がなかなか確定しない状態となっています。

 

 

頭の痛みを感じるメカニズムはこのようになっています。早く各頭痛の起こる原因がわかり、頭痛を起こさない方法が開発されるといいですね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/06/24-363839.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

目の痛みを伴う頭痛~片頭痛?それとも・・・

      頭痛に目の痛みが伴う場合、いくつかの可能性が考えられます。まず...

あなたの骨盤は歪んでる?肩こり・頭痛はその「骨盤歪み」からきてるかも!!

  人の体は骨格標本のように、必ず左右均等になっているわけではありません。利き...


その頭痛、市販薬の副作用が原因かも?!頭痛がおきる可能性がある薬

頭痛には、脳の血管が広がりズキズキと痛む片頭痛や、首や肩こりなどが原因でおきる緊...

枕が原因!眼鏡が原因!こんな枕・こんな眼鏡が頭痛を引き起こしているかもしれません!

お使いの枕はあなたに合っていますか?お使いのメガネはあなたに合っているでしょ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る