カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. アレルギーに効く抗ヒスタミン剤はどのような仕組みで効くの?

アレルギー

アレルギーに効く抗ヒスタミン剤はどのような仕組みで効くの?

 

アレルギーはカビやダニ、食材などさまざまなものによって起こります。アレルギーの症状は酷いものならアナフィラキシーショック、一般的なものとしてはセキやくしゃみ、鼻水などがあります。

 

抗ヒスタミン剤は一般的な症状の患者さんに処方され、セキやくしゃみ、鼻水を緩和させる働きを示します。今回は抗ヒスタミン剤がどのように効くかを紹介します。

 

アレルギーが起こる仕組み

まず、アレルギーが起こる仕組みについて簡単に書きます。

 

アレルギーにはヒスタミンとヒスタミン受容体が関わっています。ヒスタミンは普段、胃の粘膜細胞を刺激して胃酸の分泌を促したり、食欲や体温、平衡感覚などを正常に保つなどの働きをしたりしています。

 

しかし、これらの作用が少しでも過剰になると細胞表面にあるヒスタミン受容体に過剰に結合し、アレルギーが起こります。

 

ヒスタミンが過剰になる原因は、体外から来る病原体以外の異物を病原体と誤認するためです。

 

抗ヒスタミン剤が効く仕組み

抗ヒスタミン剤はヒスタミンと似た構造をしており、ヒスタミンの変わりにヒスタミン受容体に結合します。そして、本物のヒスタミンが受容体に結合することを防ぎ、アレルギーが起こるのを防ぎます。

 

現在使用されている抗ヒスタミン剤はオキサトミド、ケトフェチン、アゼラスチン、メキタジンなどがあります。

 

上記のようなメカニズムによって、抗ヒスタミン剤はアレルギーの症状を防ぎます。抗ヒスタミン剤は医療機関に行けば処方してくれるので、アレルギー症状に悩んでいる方は医療機関を訪ねてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

腸管細菌クロストリジウム菌がアレルギーの救世主になる!?予防にも改善にもなる可能性とは

アレルギーというのは子どものうちに発症したものは、成長と共に治っていく可能性が...

原因除去でアレルギーマーチを防ぐ

アレルギーを起こす遺伝的な要素を持つ人の場合、年齢とともに様々なアレルギー症状が...


黄砂アレルギー症状が緩和する?!アレルギーの改善や予防に効く食べ物

      黄砂アレルギーの症状に悩まされている人は多いのではないでしょう...

アレルギー症状を起こす元を絶つ?漢方のアレルギー症状緩和効果と注意点

アレルギー症状の緩和に利用されるもののひとつが漢方で、東洋医学の薬です。漢方...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る