カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳がんや乳腺症の早期発見!乳腺エコーではしこりの良性・悪性判断が出来る

女性のカラダの悩み

乳がんや乳腺症の早期発見!乳腺エコーではしこりの良性・悪性判断が出来る

 

乳腺症は胸にしこりができる病気で、乳癌(にゅうがん)と症状が似ていて不安になりますが、乳腺症のしこりが乳がんになる可能性は低いとされています。胸のしこりが良性か悪性化は乳腺エコーでわかるので、しこりが気になる場合は定期的に受けましょう。

 

では、乳腺エコーとはどんなものなのでしょうか。

 

●乳腺エコーではしこりの良性・悪性がわかる

乳腺エコーの持つ特徴のひとつが、乳房に出来たしこりの良性・悪性を判断しやすいということです。

直径5mm以上のしこりの場合は80%以上の確率で、乳腺エコーによる良性・悪性判断が可能です。

悪性腫瘍の場合は湿潤が見られ、良性腫瘍とはしこりの内部構造が異なっているので乳腺エコーでの判断が出来るのです。

 

●痛みを伴わない検査

乳腺エコーはしこりの良性・悪性判断がしやすいという特徴の他に痛みが少ないメリットも持っています。

乳がん検診で一般的に行われるマンモグラフィは痛みを伴う、特に胸を潰される圧迫感で検査後もしばらく胸が痛いといったデメリットがあります。

乳腺エコーであれば超音波検査ですので痛みもなく、被爆も心配しなくてOKです。

 

●石灰化はわかりにくい

一方で乳腺エコーの持つデメリットは石灰化がわかりにくいことです。石灰化とは乳腺にカルシウムが溜まる症状を指しています。

乳がんには石灰化が伴うことが多いので、より早期のガンを素早く発見する、その判断の手助けに石灰化も利用するとなるとエコーよりもマンモグラフィの方が適しています。

 

乳腺エコーはしこりの内部構造の違いを見ることで良性・悪性腫瘍の判断がしやすいです。

乳がんやそのほかの乳房の病気を調べるためには乳腺エコーの他にマンモグラフィ、MRI、視触診などが行われます。

乳房にしこりがあるなと感じる場合は、たとえしこりが小さく思えても検査に行くことをおすすめします。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/03/02/01/06/breast-88941_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

我慢できない乳腺症!どうしたら良い?!乳腺超音波検査はどのくらいの頻度で受ければ?

  乳腺が痛む、熱をもっている、シコリみたいな物がある・・・など、辛い痛み...

女性にとって大切なおっぱいの乳腺に発症する乳腺症と乳腺嚢胞に注意して!

女性にとっては乳房はセックスシンボルであるだけではなく、かけがえのない大事な...


『ブラジャーの長時間装着』で、乳がん発症率が上昇?その真偽は・・・

  ブラジャーを毎日12時間以上着用で、乳がんリスクが21倍に上昇?  ...

乳がんは遺伝するの?遺伝子を持っていると、必ず乳がんになるの?

    女性の15~6人に1人は、一生のうちで一度は乳がんを患うと言われてい...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

乳房の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る