カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 体重記録 >
  5. 体重低下が起きる場合に気を付ける病気とは?体重が減少する原因は○○だった

健康診断・健康管理

体重低下が起きる場合に気を付ける病気とは?体重が減少する原因は○○だった

 生活習慣病が現在問題となっており、痩せるということは良いというイメージがあります。しかし、何もしていないのに体重が減少するのは病気のサインです。

今回は体重減少の起こる病気を紹介します。

 

がん系

各種のがんが考えられます。体重減少が出やすいがんは食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、腎がん、胆のうがんなどがあります。

だいたいのがんによる体重減少は食欲不振からくるため、食欲が減退していないかチェックしてください。また、どのがんでも症状が進行し、体力や筋力が落ちてくると体重減少が起こります。

 

精神系

精神系の病気による体重減少は食欲不振によるものです。病気としては神経性食欲不振症、各種の鬱病、拒食症、思春期やせ病などがあります。

体重減少が起こった際他の症状がない、どんな検査をしても引っかからない場合は心療内科や精神科に行ってください。

 

食物の消化吸収障害

食物の栄養を消化、吸収できずに痩せる場合です。病気としては胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性膵炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、吸収不良症候群などがあります。がんに比べて有名ではありませんが、難病指定の病気も含まれています。消化器科で適切な治療を受けてください。

 

代謝の過剰な増加

筋肉がつき代謝が増加する場合は良いのですが、病気で代謝が増加した状態になると異常に疲れやすい、汗が酷い等問題が出てきます。病気としては甲状腺機能亢進症や褐色細胞腫があります。

 

栄養の利用障害

この代表例は糖尿病です。糖分を多く含む食事をし、太っていたのに急激に痩せる、喉が乾くなどの症状があれば一度血液検査を受けてみてください。

 

このように、運動や食事制限をしていないにも関わらず体重減少が起きている場合は病気のサインです。総合病院などを受診し、原因を突き止め、治療してください。

 

(Photoby:足成)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体重記録に関する記事

肥満にならないためにグラフ化体重日記をつけよう

      肥満の方は、体重を測定しないことが多いことが知られています。 「...

肥満、太りすぎ…何キロから?あなたの健康的な目標体重を知ろう!

健康的な目標体重を知ろう 最近の若い女性たちは、モデルや女優さんたちに憧れ...


内臓脂肪蓄積を改善!体重コントロールにオススメの体重記録

      メタボリックシンドロームの発症因子である内臓脂肪蓄積の改善には、食...

オススメの減量/体重コントロール法 体重記録期間の目安とは

         メタボリックシンドロームや肥満に伴う減量を志す場合、具体的な...

カラダノートひろば

体重記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る