カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. てんかん >
  5. てんかんなど一部の病気を判断する検査!脳波検査にかかる時間と費用とは?

気になる病気・症状

てんかんなど一部の病気を判断する検査!脳波検査にかかる時間と費用とは?

脳波検査はさまざまな脳の病気の検査の中で、もあまり一般的ではありません。どちらかといえば脳の検査ではMRIやCTの方が使われがちですが、てんかんなど一部の病気を判断するには、脳波検査が役立っています。

 

●時間は短くても30分

脳波検査はどんなに短くても30分はかかると言われており、長ければ1時間半を超えることもあります。てんかんの定期検査のような脳波検査であれば、特に服薬変更がなければ30-40分程度で終わることが多いです。

 

一方で病気が特定されていなかったり、緊急で脳の状態を確かめているときには時間がかかるケースもみられます。準備時間も入れると40-50分はかかるものと考えてください。

 

●脳波検査の費用は1800円

脳波検査の診療報酬点数は600点(1点=10円)で、全額自己負担で6000円となっています。健康保険を使って医療機関を受診する方が多いと思いますので、3割負担に直すと1800円です。

 

ただし、眠った時の脳波検査の場合は、それに加えて250点(10割負担で2500円分)の点数加算です。ですので、脳波検査で眠った時の検査を行ったなら、3割負担で2550円となります。

 

●頻度は数か月に1回

脳に異常がなければ、それ以上脳波検査を受ける必要はもちろんありません。

 

脳波検査を何度も受けるのは、てんかん患者など脳の病気を持っている患者で、基本的には数か月に1回、通院で脳波検査を受けます。入院している場合は1か月に1回程度になることもよくあります。

 

脳の病気を持っていると、脳波検査や脳のMRI検査を定期的に受けなければいけないことも珍しくはありません。

 

費用は睡眠検査を含んでも2550円程度で、それに初診料や再診料がかかるので、4000円前後と考えてください。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

てんかんに関する記事

ケトン食療法は「骨粗しょう症・動脈硬化」をもたらす、という説は本当?

古典的ケトン食療法や修正アトキンズ療法とは、糖質を5~10%程度に制限し、て...

抗てんかん薬デパケンの副作用「脱毛症」、L-カルニチンで抑制できる可能性がある?

抗てんかん薬の一種であるデパケン(バルプロ酸)の副作用にはアンモニア血症から脱毛...


突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?

  てんかん発作が起こると突然意識を失ったり、体の一部がけいれんしたりします。...

てんかんの患者の運転時に注意すべきこと!

  2012年4月に京都府でてんかん患者が運転する車が歩行者7人を死亡させた事...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る