カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. てんかん >
  5. てんかんなど一部の病気を判断する検査!脳波検査にかかる時間と費用とは?

気になる病気・症状

てんかんなど一部の病気を判断する検査!脳波検査にかかる時間と費用とは?

脳波検査はさまざまな脳の病気の検査の中で、もあまり一般的ではありません。どちらかといえば脳の検査ではMRIやCTの方が使われがちですが、てんかんなど一部の病気を判断するには、脳波検査が役立っています。

 

●時間は短くても30分

脳波検査はどんなに短くても30分はかかると言われており、長ければ1時間半を超えることもあります。てんかんの定期検査のような脳波検査であれば、特に服薬変更がなければ30-40分程度で終わることが多いです。

 

一方で病気が特定されていなかったり、緊急で脳の状態を確かめているときには時間がかかるケースもみられます。準備時間も入れると40-50分はかかるものと考えてください。

 

●脳波検査の費用は1800円

脳波検査の診療報酬点数は600点(1点=10円)で、全額自己負担で6000円となっています。健康保険を使って医療機関を受診する方が多いと思いますので、3割負担に直すと1800円です。

 

ただし、眠った時の脳波検査の場合は、それに加えて250点(10割負担で2500円分)の点数加算です。ですので、脳波検査で眠った時の検査を行ったなら、3割負担で2550円となります。

 

●頻度は数か月に1回

脳に異常がなければ、それ以上脳波検査を受ける必要はもちろんありません。

 

脳波検査を何度も受けるのは、てんかん患者など脳の病気を持っている患者で、基本的には数か月に1回、通院で脳波検査を受けます。入院している場合は1か月に1回程度になることもよくあります。

 

脳の病気を持っていると、脳波検査や脳のMRI検査を定期的に受けなければいけないことも珍しくはありません。

 

費用は睡眠検査を含んでも2550円程度で、それに初診料や再診料がかかるので、4000円前後と考えてください。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

てんかんに関する記事

デパケンの副作用「白血球減少症」、がん細胞への防御やサイトカイン産生への影響はある?

デパケン(バルプロ酸)は、抗てんかん薬の中でも比較的安全性が高いと言われており、...

脳波検査で調べられる脳波って何?正常な脳波とは?

  脳に電極をつけて検査するシーンは映画やドラマなどでもおなじみですが、あれは...


てんかんは何歳くらいで発症する?

てんかんという病名は聞いたことがあるという方も多いはずです。てんかんは発作が起...

てんかんは完治可能?

  てんかん治療には内服薬による治療や生活に注意することを治療とする方法など様...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る