カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. 子供が脳波検査を受けるきっかけにもなる!熱性けいれんと脳波検査の関係とは

育児・子供の病気

子供が脳波検査を受けるきっかけにもなる!熱性けいれんと脳波検査の関係とは

熱性けいれんとは、生後半年から5歳くらいまでの乳幼児に見られるけいれん・意識障害を指しています。ポイントは『熱性』であり、発熱とともにけいれんや意識障害が起きる特徴を持っています。

 

ちなみに熱性けいれんは一時的なけいれん・意識障害ですので、数分で治まることがほとんどです。

 

●熱性けいれんで脳波検査を受けるケース

熱性けいれんは乳幼児の10人に1人は起こすというくらいのメジャーな症状ですので、熱性けいれんを1回起こしたからと言って必ず脳波検査を受けるわけではありません。

 

熱性けいれんで脳波検査を受けるケースは、何回かけいれんを起こしている、けいれんからの回復状態が悪いなどの状況下です。

 

●熱性けいれんの脳波検査からわかること

熱性けいれんで脳波検査をするときには、てんかんとの発作波の違いを見たり、経過観察に用います。発達に遅れがあるときにも、熱性けいれんの影響を見るために脳波検査をすることがあります。

 

脳波検査をしたからといって熱性けいれんの根本治療になるのではなく、違う病期ではないかの鑑別や経過観察に利用されています。

 

●熱性けいれんは脳が未熟なため起きる!

脳波検査をしてもてんかんなどの異常がなく、ただの熱性けいれんと考えられる場合は大きくなれば自然に治ることがほとんどです。

 

乳幼児に熱性けいれんが起きやすいのは、脳がまだ発達しきっていないせいなので、遅くとも6-7歳くらいまでにほとんどの子が熱性けいれんを体験しなくなります。

 

乳幼児が起こしやすい熱性けいれんはてんかんの可能性もあるので、頻度や程度によって脳波検査を行います。

 

けいれんを見るとびっくりしてしまいますが、慌てず子供の様子を観察し、衣服を緩めるなどの応急処置を行いましょう。けいれんが10分以上続いているときは病院を受診した方がよいです。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発熱に関する記事

幼児の感染症はここに注意!高熱と病院への連絡について

乳児期はあまり目立つ症状がでないまま病状が重篤化する可能性がありますが、幼児期...

子どもの高熱、原因は腎盂炎かも?病気のサインを見逃さないで

腎盂炎(じんうえん)とは、何らかのかたちで尿道に菌が入り、その菌が逆流して腎臓...

発熱の体験談

初熱、発熱

6ヶ月を過ぎるとお母さんからもらった免疫が切れて風邪をひきやすくなる、と良くいいますよね。 産...

長引く発熱や下痢、嘔吐。メモは大切。

夜間の突然の発熱や、嘔吐。下痢。びっくりしますよね。 ましてや初めての病気だったりすると心配で何を...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る