カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 病院 >
  5. 入院 >
  6. 高血圧で入院する?! 費用や期間はどのくらいなの?

生活習慣病

高血圧で入院する?! 費用や期間はどのくらいなの?

 

通常の生活の中で良く聞かれ語られる高血圧。人々の生活の中で血圧の話は大変良く出てきます。一定の年齢に達すると、高血圧で入院した、検査入院をしたなどと言う人も増えてくるようです。


高血圧になる原因

高血圧になるには多くの要因があります。
はっきりとした高血圧の原因と所以が判るものを、二次性高血圧(症候性高血圧)と言いますが、これは全体量の1割にも満たないものです。

他の高血圧の9割は原因と所以が特定できず、検査をしても原因がわからない高血圧を本態性高血圧といいますが、ほとんどの高血圧の患者は本能性高血圧に属します

入院するのはなぜ?

• 定期的検診で 高血圧が改善しない危険な状態である場合
• 緊急 高血圧のため血管が破裂したり、脳内の圧力が強くなり脳に危険が及んでいる場合
• 検査 高血圧になる他の臓器との関連を調べるため

高血圧が関連する病名(高血圧性疾患)


高血圧 ・本態性(原発性)高血圧 ・ 腎硬化症 ・高血圧性腎症 ・動脈硬化性腎硬化症 ・ 高血圧性腎不全 ・二次性(続発性)高血圧 ・ 腎血管性高血圧 ・高血圧性心疾患 ・高血圧性心腎疾患

入院費用はどのくらい?


一般的には

1日の入院費用×入院日数 =入院費用総額

入院費用総額の3割負担額=窓口支払いにおける自己負担額

 

どのくらいの間入院するの


高血圧性疾患は年齢と大きく関係し、年齢が高くなるに連れて長期化する傾向に有ります。
例)

30代半ば以下 2週間程度
30代後半から60台半ば 1ヶ月程度
60代半ば以降 2ヶ月


高血圧性疾患で入院される方の平均は38.9日で、手術ありの場合27.7日間、手術無しの場合46.5日間と成っています。
実際はその人の状態・年齢などにより人それぞれです。

 

‐概要‐
高血圧が原因となり、脳卒中や血管が硬くなる動脈硬化、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)を発症させてしまうことが良く知られています。
入院しなければならない状態になる前に、生活習慣を改善したり、血圧をこまめに調べておくことが大切です。


(photo by/ //www.ashinari.com/2014/02/15-385898.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入院に関する記事

高血圧で入院することもあるの?人によって違うその症状

    高血圧で合併症もない状態で、入院することはあるのでしょうか?またその...

本態性高血圧で入院することはあるの? 入院中に行われる指導と検査とは

  ストレス、塩分、喫煙、飲酒、肥満、メタボ…などの様々な要因が重なって血...


高血圧の検査入院で指導される!生活習慣改善!

    高血圧では、治療を進めていくにあたって生活習慣の改善は必要不可欠なも...

入院になる高血圧はただ血圧が高いだけではない?!

  ただの高血圧が原因となっている入院というのは少ないです。ですから、高血...

カラダノートひろば

入院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る