カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 痛風はもう中高年男性だけの病気ではない?痛風が若者、女性に増えているわけとは?

生活習慣病

痛風はもう中高年男性だけの病気ではない?痛風が若者、女性に増えているわけとは?

 

中高年、男性、これらの言葉によって形容されるのが痛風という病気でした。しかし近年若い世代や、女性にも痛風の発症者が増えているということです。

なぜ、痛風発症の年代が変化しているのでしょうか?

 

なぜ若い世代、女性に痛風が増加しているのか?

以前は患者99%以上が男性だった、男性の病気「痛風」ですが、その割合がどんどん変化してきているというのです。その原因はどこにあるのでしょうか。

若い世代に痛風が増えている原因とは

・食生活の欧米化

若い世代に増えている痛風の背景には、食生活の欧米化があるとされています。

動物性脂肪の多い食品や、朝食を抜く習慣深夜に食事をするなど、食事の内容もさることながら、食習慣にも悪い影響が多いです。そのため、若いときから速いスピードで尿酸値が上昇し、痛風を発症するケースが増えているのです。

 

・ストレス過多な環境

今や小学生までもがストレスを感じて体に不調を起こすことがあります。

ストレスによって生活習慣が悪化したり、食生活が乱れたりすると、若い頃に痛風を発症する可能性もそうですし、中高年になってから痛風を発症する可能性が高くなるそうです。

 

女性に痛風が増えている原因とは

圧倒的に男性に多い痛風という病気は、尿酸値が大きなカギを持っています。

女性の尿酸値は男性の2/3ほどと、平均して低いため、痛風を発症しにくい傾向があります。これはエストロゲンなどといった女性ホルモンが尿酸の発生を抑えているためと考えられています。

しかし、女性は閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が減少します。

それでも男性より尿酸値の平均は低かったのですが、近年女性に肥満やアルコール摂取量の増加など、生活習慣の悪化が多く見られるようになってきました。そのため、女性でも閉経後に痛風になる人が増加しているのです。

 

痛風が若年層に発症するものとしては遺伝的要因も指摘されています。いずれにしても、痛風という病気のイメージが徐々に変わってきているのは事実のようです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/11/08-352570.php?category=226])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛風は遺伝的要因も大きい!?痛風の発症に関係している「ABCG2」遺伝子の変異って?

  20代や30代でも痛風を発症することがあります。 普通、生活習慣病という...

下がらない尿酸値の原因は「健康サプリメント」にあるかも!?どんなサプリに注意するべき?

  サプリメントは当然健康のために飲むものです。しかし、そのサプリメントが尿酸...


痛風は遺伝する?切り離して考えることができない、環境的要因と遺伝的要因の関係

  痛風は生活習慣病に分類されます。生活習慣病というと、その人の生活習慣の蓄積...

「尿酸排泄促進薬」で尿酸値を下げる!~痛風の薬物療法について~

  尿酸値を下げる尿酸降下薬には、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬があります...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る