カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 痛風の痛みはなぜ起こる?痛みの原因「尿酸血症の剥がれ落ち」それを引き起こすのは?

生活習慣病

痛風の痛みはなぜ起こる?痛みの原因「尿酸血症の剥がれ落ち」それを引き起こすのは?

 

尿酸値が高い状態を背景として、激痛と言われる痛風発作が起こります。尿酸値が高いと必ず痛風発作が起こるわけではなく、何らかの原因があって発作が生じます。

 

痛風発作のメカニズムとは

尿酸値が高くなると、尿酸が結晶化し、関節に沈着するようになります。これだけでは痛風の激痛は起こりません。これらの沈着した尿酸の結晶が何らかの原因って剥がれ落ちるようになって、はじめて痛風発作が引き起こされるようになります。

剥がれ落ちた尿酸の結晶は白血球が異物として認識し、攻撃をします。それによって激しい炎症が起こり、激痛や腫れを引き起こすのです。

 

何が原因で剥がれ落ちるのか?

痛風発作の原因として良く言われるのは以下のようなものがあります。

 

ストレス

ストレスは自分で自覚できないところで、急激に体に影響を与えている場合が多くあります。ストレスによってホルモンの分泌が変調し、腎臓から尿酸が排出されにくくなることによって尿酸値が短い時間で高くなるとされています。特にストレスがたまっているときに不摂生が重なると、発作を起こしやすくなります。

 

疲労

ストレスと重なるところもありますが、体が感じる疲労も、体へのストレスということで、発作を起こしやすくなります。

 

激しい運動

自分で気をつけられることというと、過度な運動かもしれません。運動自体は長期的に見て肥満解消などとなり、尿酸値を下げる効果があるとされています。

しかし、短い時間で激しい運動をすると、尿酸値が急激に変化してしまい、痛風発作を引き起こすことがあります。

特に危険なのが無酸素運動で、筋肉を酷使するトレーニングやダッシュなどの瞬発力を使う運動は危険です。こうした運動をすると疲労物質である乳酸が体内に溜め、尿酸の排出機能を低下させます。

そのため尿酸値が急激に上昇してしまい発作につながるのです。

 

尿酸の結晶ができている状態では、尿酸値が急激に下がっても上がっても、剥離の可能性が高くなります。尿酸値の急激な変化にはしっかりと注意する必要があります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/24-027886.php?category=282])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

尿酸値の天敵!?アルコールの飲み方を見直しましょう!~痛風の予防~

  尿酸値が高めの人は、アルコールの飲み方に注意が必要です。アルコールと尿...

飲酒、高プリン食、清涼飲料…痛風を発症させやすい生活習慣とは

                       わが国では、第二次世界大戦以前に...


あなたの性格は痛風になりやすい性格?ストレスと痛風の関係 どんな性格が痛風になりやすい?

  細かいことや済んでしまってどうにもならないことをうじうじと考えても、体にス...

歩くこともできないくらい痛い?痛風てどんな病気?

ビールが悪い、レバーが悪い、魚卵が悪いなど悪いものがクローズアップされやすい...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る