カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 心不全 >
  7. 心不全を悪化させないためにできること!日常生活の中ではこれを注意して、心臓の負担軽減!

生活習慣病

心不全を悪化させないためにできること!日常生活の中ではこれを注意して、心臓の負担軽減!

 

心不全というのは、心臓の機能が低下したことによって、心臓を中心として体のいろいろな場所に症状が出るものです。心不全の原因は様々な心臓病や循環器系の病気などがあり、その症状も実に多様です。

 

心不全を起こしている場合、心不全の原因となる病気が進行していなくても、心不全の症状が進行したり悪化することがあります。

ですから原因となっている病気が進行しないようにする以外にも、心不全の悪化につながるような行動には注意を払う必要があります。

 

日々の生活の中で注意すること

運動

心不全の重症度によって運動制限が設けられます。しかし心臓に負担がかからないようにするためと思って、過度に運動を制限するのは健康を維持するという観点でもよくありません。心不全の程度に見合った運動は、健康を維持するために大切な生活習慣です。

 

体重管理

上記の運動は体重管理のためにも重要です。肥満は心臓に負担をかける要因になりますから、運動以外にも、食事管理をすることも大切です。

 

塩分制限

塩分の摂りすぎは、水分排泄を妨げる要因になります。

 

禁煙

喫煙は血管を収縮させます。喫煙が体に害があるのは言うまでもありません。

 

アルコール制限

アルコールの過剰摂取は心不全の原因になることがあります。場合によっては飲酒を控えることによって、心臓の働きが劇的によくなることがあります。

 

熱いお風呂

熱いお風呂は、一気に心臓の動きを高めます。これは過度な運動をするのと同じくらい心臓に負担をかけることになります。お風呂に入る習慣は健康管理のためにはよいですが、ぬるめのお湯にじっくり浸かったほうがよいです。

 

他にも過労や風邪を引くことも心臓に負担をかけることになります。日々の中で負担がどんどん蓄積されていってしまいますから、意識的に注意してあげましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/31-349924.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心不全に関する記事

心臓の機能低下がさらなる機能低下を呼ぶ!?心臓の機能低下を補う機能が心臓を弱らせる!

  心不全という言葉で、「何か心臓の具合が悪い」というイメージは持てると思いま...

【心不全】心臓の右か?左か?

  心不全は、心臓の左側(左心房)か、右側(右心房)かで、影響する身体の範...


一刻を争う急性心不全は迅速な処置が必要

  急性心不全は、心臓が急激に機能を低下して、血液が送れなくなる状態です。...

知ってるようで知らない*心不全って一体なに?

  「死因は心不全です」とニュースなどで耳にします。   この場合、心不全...

カラダノートひろば

心不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る