カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 聴覚誘発電位検査 >
  5. 脳死判定と聴覚誘発電位検査の関係~聴覚誘発電位検査で判断する脳死

健康診断・健康管理

脳死判定と聴覚誘発電位検査の関係~聴覚誘発電位検査で判断する脳死

 

ニュースなどでも話題になることの多い脳死、脳死判定という言葉がありますね。

ここでは聴覚誘発電位検査と脳死について簡単に説明します。

 

●脳死って何だろう?

まずそもそも脳死とは何かというと、脳機能は死んでいるのに心臓機能や呼吸機能は維持している状態です。

心臓機能や呼吸機能を保っているのは人工呼吸器なのが脳死の特徴です。

脳死患者の臓器は生きているので、その臓器を移植した例などがニュースで取り上げられることが多いです。

 

●脳死判定と聴覚誘発電位検査

聴覚誘発電位検査では耳から刺激を与えて脳の反応を見ますが、脳死の場合はグラフにほとんど動きがありません。

脳や耳など一部の機能が非常に衰えていても、脳が生きているうちは何らかの波形がグラフに現れます。

一方で脳死の場合はグラフが非常に平坦でほとんど動きがないことが特徴ですので、脳死判定には聴覚誘発電位検査も役立つのです。

聴覚誘発電位検査で波が出る場合は脳も生きている、波が出ない場合は脳も死んでいると判断できます。

 

●まだまだ難しい脳死の問題

脳死を『死』とするかどうかについて、共通の答えは出ていないのが現状です。

例え脳が死んでいたとしても心臓の動きや呼吸はあり、それを死と認めない考え方もあります。

特に日本では脳死に伴う臓器移植の問題もありますので、感情的・社会的に脳死での死亡や臓器移植が受け入れられるのは難しいとも言われています。

 

脳死判定には聴覚誘発電位検査が用いられますが、そのほかにももちろん検査はあります。

意識障害の検査や原疾患が特定されていること、瞳孔の検査、脳幹が引き起こす反射があるかどうかなどです。

 

脳波も含めて、検査は2名以上の医師が2回行うことも決まっています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

聴覚誘発電位検査に関する記事

聴覚誘発電位検査を受けるときの注意点!整髪剤は×、検査前のトイレ、食事は食べていい?

  聴覚異常、脳の病気の疑いがあるなどのときに、耳から刺激を与えて脳がどのよう...

聴覚誘発電位検査ってどんな検査なの?聴力障害と脳の病気をチェック!

  聴覚誘発電位検査は聴覚に刺激を与えて脳の状況を調べるための検査です。 聴...

カラダノートひろば

聴覚誘発電位検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る