カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 体性感覚誘発電位検査 >
  5. 頭に電極、手足には電気刺激…体性感覚誘発電位検査の流れについて知ろう

健康診断・健康管理

頭に電極、手足には電気刺激…体性感覚誘発電位検査の流れについて知ろう

 

体性感覚誘発電位検査は末梢神経、そして脳の働きを知るためには重要な検査です。

そんな体性感覚誘発電位検査の流れを見ていきます。

 

●頭に電極、手足には電気刺激

体性感覚誘発電位検査のためにはまず初めに頭に電極をつけることと、手足に電気刺激を送る準備が行われます。

頭に電極をつけるときには事前に頭の汗などを拭いてからクリームのついた電極を貼られます。痛みは特にありません。

手足に電気刺激を送る準備では、上半身の検査は手首、下半身の検査は足首に機械を取り付けます。こちらも準備時点での痛みはありません。

 

●30-40分かけて脳波を測定

手首、もしくは足首につけた電気の機械で刺激を送り、30-40分間にわたって脳がどのように反応するかを確認します。

30-40分で行う刺激の数は1000回と非常に多いですが、ひどい痛みを伴うものではありません。

なんだかチクチクするなという違和感程度ですので安心してください。

ただ、最初のうちは電気刺激に慣れていないので痛いと思うかもしれません。

 

●眠ってもOK!

体性感覚誘発電位検査は寝ていても覚醒していても安定した検査結果が望めます。

そのため、電気刺激を受けている間に寝てしまっても特に問題はないのです。

検査室に入ったら準備段階から実際の電気刺激・測定段階までずっと仰向けでいるだけですので、眠くなってしまう方も少なくはありません。

お子さんの場合は眠らせて検査をすることもあります。

 

体性感覚誘発電位検査の流れはまず電極や電気刺激の準備、そして30分以上かけて電気刺激と測定、最後に検査が終了したら電極と電気刺激の機械の取り外しで終了です。

検査中に眠ってしまってもOKですが、検査終了後しばらく頭がボーっとするかもしれません。

車などで来ている場合は少し休んでから帰ってください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385898.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

体性感覚誘発電位検査に関する記事

体性感覚誘発電位の検査によって何がわかるの?

    体の電気刺激によって脳がどんなふうに反応するか、刺激は正しく伝わって...

体性感覚誘発電位の検査を受けるときの注意点 服装は少し余裕のあるものを!

  さまざまな検査の中でも誘発電位検査と言われるものは、脳の反応を見るための検...

カラダノートひろば

体性感覚誘発電位検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る