カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 視覚誘発電位検査 >
  5. なぜ視覚誘発電位から脳梗塞を鑑別できるの?視覚誘発電位検査はどんな検査方法で行われるのか

健康診断・健康管理

なぜ視覚誘発電位から脳梗塞を鑑別できるの?視覚誘発電位検査はどんな検査方法で行われるのか

 

目から脳の異常を見る視覚誘発電位検査でわかる病気のひとつに脳梗塞があります。

なぜ脳梗塞がわかるのか、そしてどのようなパターンで具体的に脳梗塞を鑑別できるのかを紹介します。

 

●視覚誘発電位から脳梗塞がわかる理由

目が見えにくいなと思った時には疲れ目や老眼など、単純な目の病気を考えてしまう方が多いです。

ですがその背後に命に係わる病気が存在するケースもあり、特に目の場合は脳との距離が近いので脳の病気の危険性があります。

日本人に多い脳梗塞では動脈瘤もしくは静脈瘤が目の神経を圧迫してしまい、目から正しい情報が行かなくなるなどの症状が出ます。

視覚誘発電位を検査したときには脳の正しい反応が見られないので、そこから脳梗塞を判断できます。

 

●市松模様のパターン

視覚誘発電位の検査で多いのは、市松模様がぐるぐる回るような映像をずっと見ているというものです。

これによって脳梗塞の症状にもかかわりのある脳の機能が正しく働いているか、ものが見えているかがわかるのです。

脳梗塞の他には腫瘍、パーキンソン病などを判断するにも市松模様パターンの視覚誘発電位は役立っています。

 

●フラッシュ刺激によるものも

視覚誘発電位の検査は目が見えており尚且つ患者の協力がないと難しいですが、フラッシュ刺激によるものなら意識障害のある患者や痴呆を持つ方にも適しています。

画面をじっくり見ていることのできないお子さんの検査も市松模様パターンではなくフラッシュ刺激パターンを用いることが多いです。

 

脳梗塞の判断に役立つ視覚誘発電位のパターンは基本的には全視野刺激、半視野刺激など市松模様が回るパターンですが、フラッシュ刺激も採用されています。

ただし、フラッシュ刺激の場合は個人差が出やすいデメリットもあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/04/27/21/55/eye-333499_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

視覚誘発電位検査に関する記事

検査を受けるときの注意点は2つだけ!視覚誘発電位検査の流れと注意点

  視覚誘発電位検査は視覚から脳を調べる検査で、頭に電極をつけます。 具体的...

脳の病気を目から知ることができる!視覚誘発電位検査について詳しく知ろう

  視覚誘発電位検査は簡単に言えば目から脳の異常を見るための検査ですが、具体的...

カラダノートひろば

視覚誘発電位検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る