カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 針筋電図検査 >
  5. 針筋電図検査を受けるときの時間と注意点…どれくらい費用がかかるの?

健康診断・健康管理

針筋電図検査を受けるときの時間と注意点…どれくらい費用がかかるの?

 

 

筋肉に関する検査のひとつが針筋電図です。ここでは針筋電図検査の時間や注意点、費用を見ていきます。

 

腕や太ももを出せる服装

針筋電図検査では、針で皮膚を刺激してその様子を観察しなければなりません。

 

基本的な注意事項として、上半身なら腕がすべて出るくらいまでまくり上げられる服を、下半身なら太ももまで出せるような服装をおすすめします。

女性はワンピースなど上下一体になっているタイプの服装は避けてください。

 

また、顔の検査をするときには化粧が取れるので、最初は化粧をしていかない選択肢もあります。

 

1つの筋肉につき600円(3割負担)

診療報酬点数では筋電図は1つの筋肉につき200点、3割負担に直すと600円の費用がかかります。

 

いくつの筋肉に対して検査を行うかは検査を必要とする状況によって異なりますので、事前にどれくらい費用がかかるかを医師に確認しておいた方が良いです。

 

時間は30分以上

針筋電図の検査にかかる時間は30分以上、場合によっては1時間を超すこともあると言われています。

時間がかかるのはもちろんですが、筋肉に力を入れる・抜くといったことを指示されますので指示に従ってください。

 

針筋電図検査は針を刺すことによる痛みを伴う検査でもあります。

 

針筋電図検査を受けてから3日目くらいまでは、ややだるいような痛みが検査部位に出ることがあります。

ですがある程度時間が経つとともに軽快している場合は特に心配いりませんので普段通りに過ごしてください。

 

また、針筋電図検査を受けた当日は基本的には入浴禁止ですので、忘れないように気をつけてください。

 

針筋電図検査を受けることによって筋肉・神経疾患の程度やどのような疾患にかかっているかがわかります。

 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

針筋電図検査に関する記事

針電極を皮膚に刺す針筋電図検査…どれくらい痛い?

針筋電図検査の特徴は針電極を皮膚に刺すということで、異常があると思われる部位に...

カラダノートひろば

針筋電図検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る