カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 針筋電図検査 >
  5. 針電極を皮膚に刺す針筋電図検査…どれくらい痛い?

健康診断・健康管理

針電極を皮膚に刺す針筋電図検査…どれくらい痛い?

針筋電図検査の特徴は針電極を皮膚に刺すということで、異常があると思われる部位に針を刺すことから、痛みを伴う検査でもあります。

 

その痛みの感じ方は人によって違いますが、大体どんな感じの痛みを想像していけばよいのかを見ていきます。

 

●ビリビリとした痛み・針を刺される痛み

針筋電図検査には針を刺して筋肉から出ている電気信号を読み取る検査と、針から電気刺激を送って様子を見る検査の2種類があります。どちらにも共通するのは針を刺される痛みで、注射と似たような感じの痛みが襲ってきます。

 

またそれに加えて、針から電気刺激を送るタイプの針筋電図検査では、電気によるビリっとした痛みも追加されます。

 

いずれにしても大人が大声を上げるほどの強い痛みではないので安心してください。

 

●針の大きさにびっくりするケースも

針筋電図検査を受けた人の中には痛みというよりも、受ける前の恐怖感の方が大きかったという方もいます。

 

針筋電図検査に使われる針は普通の注射針などに比べると長めなので、この針が刺さるのかと思うと緊張してしまうケースも見られます。

 

特に顔の検査の場合は目の近くに針が見えるので恐怖感も大きくなりがちですが、痛み的には十分耐えられる範囲ですので出来るだけリラックスしましょう。

 

●異様な痛みを感じたら報告

筋肉や神経は複雑な形で人間の体を作っているので、ちょっと刺す場所を変えただけで痛みがひどくなるといったこともあります。

 

ですので、もしも単なる針の痛みやビリビリした痛みではなく、肉がぎゅっと持ちあげられるような痛みなどを経験した場合は、すぐに検査技師か医師に告げてください。

 

針筋電図検査の痛みはまったくゼロではなく多少なりともありますが、ここで緊張しては検査結果が正しく出ない恐れもあります。リラックスして、針が刺さっても死ぬことはないと安心しながら受けてください。 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

針筋電図検査に関する記事

針筋電図検査を受けるときの時間と注意点…どれくらい費用がかかるの?

    筋肉に関する検査のひとつが針筋電図です。ここでは針筋電図検査の時間や注意...

針を刺すので痛い!針筋電図検査の流れ~検査からわかることとは

  針筋電図検査は痛みも伴うということで具体的にどんな流れで行われるのかが気に...

カラダノートひろば

針筋電図検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る