カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 誘発筋電図検査でわかる病気にはどんなものがあるの?多発性神経炎、ギランバレー症候群…

健康診断・健康管理

誘発筋電図検査でわかる病気にはどんなものがあるの?多発性神経炎、ギランバレー症候群…

誘発筋電図検査は筋電図を取るのはほかの筋電図検査と同じですが、ポイントとなるのは神経の伝達の早さや伝達の様子を見られることにあります。そのような理由から、誘発筋電図検査によってわかる病気には神経系の病気が多いです。

 

●誘発筋電図検査でわかる多発性神経炎

誘発筋電図検査でわかる病気のひとつが多発性神経炎で、これは手足の末梢神経の障害です。

 

多発性神経炎の原因は様々で、糖尿病による多発性神経炎、遺伝による多発性神経炎、ビタミンB欠乏による多発性神経炎などがあります。また、アルコール中毒患者にも多発性神経炎は見られやすいと言われています。

 

多発性神経炎になってまず出てくる症状は手足(末端)のしびれです。なんだか最近何もしてないのにしびれやすいなと思った時が、多発性神経炎に気づくきっかけになることもあります。

 

●多発性神経炎の仲間・ギランバレー症候群

誘発筋電図でわかる多発性神経炎の仲間でもあり、急性多発性神経炎とも呼ばれるのがギランバレー症候群です。

 

ギランバレー症候群は自己免疫機能が狂ったことによる病気のひとつで、10万人に1-2人程度患者がいます。ギランバレー症候群でも手足のしびれや力が入らなくなるなどの症状がみられますが、それ以上に特徴的なのは顔の筋肉や目の筋肉にも異常が出ることです。

 

顔をうまく動かせないのでろれつが回らない、食事を飲み込めないなどの問題が生じて生活に与える影響も多いです。ギランバレー症候群が始まる前にはきっかけとして、発熱や下痢がおよそ7割の人にみられます。

 

誘発筋電図も診断に役立つ病気のひとつがギランバレー症候群ですが、そのほかに髄液検査や血液検査も行っています。ギランバレー症候群では呼吸不全になることも多いので、人工呼吸器を使って対処します。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査項目に関する記事

知っておこう!運動負荷試験を受けられない条件とは?

  運動負荷試験は呼吸器や心臓の運動中の状態をチェックして、どれくらい体に負担...

末梢神経伝導検査はどのように行われる?検査にかかる時間とは

  末梢神経伝導検査は筋電図検査と同じように電気を流すタイプの検査で、多少の痛...


必要!大人になってからは自分から行くべき「歯の定期健診」…毎日歯磨きしててもダメなんです

  歯の健康というのは、寿命の長い日本では、生涯の健康にも直結する非常に重要な...

慢性閉塞性換気障害を早期発見!呼吸機能検査のひとつ、クロージングボリューム検査って?

  クロージングボリュームは呼吸機能検査のひとつですが、ほかの呼吸機能検査との...

カラダノートひろば

検査項目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る