カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 末梢神経伝導検査 >
  5. 神経の伝導速度から病気を判断!末梢神経伝導検査で分かること

健康診断・健康管理

神経の伝導速度から病気を判断!末梢神経伝導検査で分かること

 

末梢神経伝導検査は手か足に電気刺激を送って神経の様子を調べる検査で、筋電図検査などともよく似ています。

末梢神経伝導検査で具体的にわかるのは神経障害の種類や速度です。

 

●伝導速度から病気を判断

人間の末梢神経に刺激を与えると、神経から脳に情報が伝わります。刺激を与えた時間と脳が情報をキャッチした時間を計ればどれくらいの速さで刺激が伝わったかもわかります。

末梢神経伝導検査では電気刺激からの運動による波形発生までの時間を計って、神経の動きが遅くなっていないかどうかをチェックしています。

 

●波形によっても病気を判断できる

末梢神経伝導検査によって得られたグラフは脳波のような波形で現れるので、その波形を見ることでも病気の判断が可能です。

基本的には脱髄型、軸索型に分かれており、軸索型の方が波形の波が小さめに出るなどの特徴を持っています。

伝達速度と波形を見てどのようなタイプの神経障害なのかを明らかに出来るのが末梢神経伝導検査が持つメリットです。

 

●筋電図検査との併用

神経障害が疑われる場合には末梢神経伝導検査の他に筋電図検査も行うのが一般的です。

筋電図検査は針筋電図検査、誘発筋電図検査、表面筋電図検査があり、この中で最も末梢神経伝導検査に近いのは誘発筋電図検査です。

神経系の病気の判断に役立っているという点では末梢神経伝導検査も誘発筋電図検査も同じです。

 

末梢神経伝導検査は誘発筋電図検査と基本的に違いは少なく、診療報酬の点数上は誘発筋電図と(神経伝導速度測定を含む)の表記で一緒にされています。

1神経につき150点、つまり全額実費の場合は1500円の費用がかかり、そのほかの筋電図の検査に比べるとやや格安なタイプの検査でもあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/18-382220.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

末梢神経伝導検査に関する記事

末梢神経伝導検査はどのように行われる?検査にかかる時間とは

  末梢神経伝導検査は筋電図検査と同じように電気を流すタイプの検査で、多少の痛...

カラダノートひろば

末梢神経伝導検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る