カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 塩分だけが高血圧の原因ではない!血圧と塩分の関係について

生活習慣病

塩分だけが高血圧の原因ではない!血圧と塩分の関係について

 

高血圧の原因は塩分だと言われることが多いですが、それは高血圧の症状を起こす要因のひとつです。
一般的には日本人の食生活における塩分摂取量は多いと言われ、社会全体が減塩ブームのようになっています。



減塩で高血圧の症状が緩和されるか?

高血圧は塩分が原因だと言われることが多く、塩分は高血圧の敵とも言える位置に存在しているのではないでしょうか。
塩分(ナトリウム)を過剰摂取するとナトリウム濃度を一定に保つ為、血液中の水分が増加し、結果、血液量が増し血管に対する圧力が強くなり血圧を上げると言われています。
減塩(1日に塩6から8g摂取)で高血圧の症状が改善する人は上記の食塩感受性タイプで、高血圧症状を持つ総数の約2割です。


残りの8割の高血圧人口は、塩分に反応しない食塩非感受性タイプで減塩しても血圧には殆ど影響がないようです。

過剰な塩分の摂取は避けるべき理由

肝臓は過剰な塩分を排出し、必要量のナトリウムの吸収を行います。過剰な塩分量の食事を継続していると、ナトリウムの排出が難しくなります。
ナトリウムはコレステロール値を高め、血栓を血管の中に作り易くしてしまう為、健康体であっても塩分の過剰摂取は避けるべきです。

なぜ「高血圧=塩」が一般的に定着したか


高血圧の症状は、塩分だけが関係しているという場合は少なく、塩分以外のことが原因の場合が多いようです
高血圧の原因は複雑で、わかりにくい事が知られています。
1970年代の疫学調査では日本人の死因は脳疾患。当時の調査によると低塩分摂取量グループでは高血圧発症が少なく、25g以上の塩摂取量グループでは高血圧を発症することから厚生労働省が減塩指導をするようになったことが所以のようです。

 

‐概要‐
塩分が直接の高血圧の原因だとは必ずしも言い切れませんが、確かに過剰摂取は良くない影響を身体に及ぼします。

健康な体でいるためにも、塩分はなるべく控えめにすることが大切でしょう。

(photo by///www.ashinari.com/2011/08/20-349180.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

血圧を下げる食事の5つのポイント!

塩分摂取量は1日6g未満日本人の多くは、1日に10g~12gの塩分摂取していると...

高血圧での食事は減塩が肝心!塩分量を計算してみよう!

  高血圧と言われたら、ほとんどの場合減塩が必要となるでしょう。塩分はそれ...


高血圧対策で注目!効果的な食品を組み合わせる「DASH食」

  高血圧対策で重要となってくる食事療法ですが、近年「DASH食」という、高血...

塩分補給は必要最小限に!高血圧になるリスクを下げるためには

    ■塩分補給は必要最小限にすることで血圧が高くなるリスクを下げることがで...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る