カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 減塩 >
  6. 高血圧と関係が深い塩分 ‐どのような塩分かで差が出る高血圧症状‐

生活習慣病

高血圧と関係が深い塩分 ‐どのような塩分かで差が出る高血圧症状‐

 

塩分は高血圧を作る悪の諸悪の根源のように、世の中では言われています。
減塩食、減塩味噌、減塩醤油、あらゆる物に減塩と名を打てば、健康に良いイメージが得られるのかもしれません。
本当に減塩をすれば、高血圧は改善されるのでしょうか。


塩分を控えて高血圧が変化するのは2割のみ

塩分を控えて高血圧が改善されるのは総数の2割程度、他の8割は塩分を控えても高血圧は改善しないことが臨床実験で分かったようです。

高血圧を語る時に塩分と称される「塩」

高血圧で語られる塩分とは塩化ナトリウム(Nacl)のことです。この塩分を指す塩は塩化ナトリウムが99%以上含まれている精製塩です。通常の食卓塩は精製塩を指し、ほぼ純粋な塩化ナトリウムです。

 

天然の塩
人間の血液と海水のミネラルバランスはほぼ等しいことがわかっています。天然の塩は本来備わっているミネラルをそのままに残しています。
精製塩は天然の塩を洗い、ミネラルやにがりなどを取り去り99%のほぼ純粋な塩化ナトリウムにしたものです。

食卓塩は塩化ナトリウムで、人間の体にはある程度必要なものです。

天然の塩はミネラルやにがり成分などが含まれていますから、摂取すると必然的にマグネシウム・カリウム・カルシウムなどのミネラルも摂取できます。

 

高血圧はミネラルバランスの崩れの代謝に関係が有る
食事によって摂取された塩化ナトリウムは血液の中に入り、一定の血液内塩化ナトリウムの恒常性を保つ為に、浸透圧で血液は水分を含みます。結果として全体の血液量が増加し、血管に圧力が掛かる高血圧症状を発症させると言われています。

 

‐概要‐
塩分(塩化ナトリウム)をある程度摂取すると血液内のミネラルバランスが崩れるのは、理論的で、塩化ナトリウムだけを摂取すると他のミネラルは必然的に数値が少なくなります。
塩分を嫌うのではなく、どんな塩分かを少し考えて摂取するようにしたいものです。


(photo by///www.ashinari.com/2009/05/31-021503.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

減塩に関する記事

太っていないのに高血圧?!塩分の取りすぎが原因?塩分を減らすには?

  高血圧の人は肥満症であることが多いです。そのため運動療法や食事療法など...

減塩は一気にやらない方がいい?今からでもできる減塩のファーストステップ

高血圧症は日本国民の多くが悩まされる病気です。しかし自覚症状が少なく、危機感を...


意外と気を付けたい和食の塩分を知っておこう!

和食は洋食に比べれば、ヘルシーですが塩分は意外と多いこと、ご存知ですか? よく...

塩分控えめでも美味しい食事を作る方法

  高血圧の人の食事は減塩が基本ですね。 塩分控えめというと味気ない料理になっ...

カラダノートひろば

減塩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る