カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. 「スロートレーニング」で中性脂肪を燃やす筋肉をつけよう!~メタボ対策~

生活習慣病

「スロートレーニング」で中性脂肪を燃やす筋肉をつけよう!~メタボ対策~

 

中性脂肪を燃やすためには、有酸素運動と無酸素運動(筋肉をつけるための運動)を組み合わせて行うことが大切です。しかし、無酸素運動はなかなか続けられない場合が多いと思います。わかりやすく例をあげてみます。有酸素運動の例はウォーキング、ランニング、サイクリング、水泳、テニスなどの球技などがあげられ、無酸素運動では腹筋をする、背筋をする、腕立て伏せをするなどがあげられます。例の通り有酸素運動は一般的に楽しめる運動が多いですが、無酸素運動には楽しめる要素が少ない運動ばかりとなっています。今回はその無酸素運動を続けやすくする方法を紹介します。

 

 

無酸素運動の中でも続けやすいスロートレーニング

 

スロートレーニングとは、とても軽い無酸素運動です。無酸素運動は上記にあげた例からわかる通り、見た目的にも体に筋肉をつけ代謝量を上昇させる運動です。しかし、スロートレーニングは無酸素運動の中でも、見た目的に筋肉がついたように見えることは少なくなります。スロートレーニングは代謝量を上昇させることだけが目的の無酸素運動となります。自分の体重を負荷にするため、特に道具は必要ありません。

 

スロートレーニングの方法

 

鍛える部分によって方法は変わってきます。ここでは腹筋について取り上げます。腹筋の方法は普通なのですが、通常寝転んだ状態から起き上がってくるまでは1秒程度ですが、スロートレーニングの場合は3秒程度かけて寝転んだ状態から起き上がってきます。また、筋肉に常に負荷がかかるようにします。腹筋でいうと寝転んだ状態から起き上がる際に、起き上がりきると筋肉への負荷が大幅に減ってしまうため、起き上がりきる前に次の動作、ここでは寝転び始める、に移ります。腹筋での目標回数は1セット1012回で23セットです。スロートレーニングは110分で良いとされています。軽度の負荷で運動し、代謝量を上昇させるためには毎日行ってください。

 

 

 

スロートレーニングはあまり時間がかからず、代謝量を上昇させる運動です。毎日行うように心がけてみてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/04/24-361194.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

日々の運動で予防できる異所性脂肪…日々の活動を「活動量計」で測定してチェック!

   特別な運動でなくても、人によっては、仕事などで十分に、病気予防につながる運...

メタボリックシンドロームを防ぐために速歩を行ってみよう!~メタボ予防の運動~

  現在メタボリックシンドロームが問題視されています。このメタボリックシン...


下半身太りを解消する運動とは?

  下半身太りは足を太く見せ、むくみやセルライトといった見た目にも良くない現象...

メタボ対策に忘れてはいけないのは筋トレ!

  メタボリックシンドロームの解消に食事制限をしようとしても、ちょっとの量を食...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る