カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 呼吸抵抗検査 >
  5. 呼吸抵抗検査って何をする検査?安静時呼吸で異常がわかる!

健康診断・健康管理

呼吸抵抗検査って何をする検査?安静時呼吸で異常がわかる!

 

呼吸抵抗検査は気管支喘息、咳喘息など呼吸機能に問題のある病気を調べるための検査のひとつです。

どんなことをして、何を把握するための検査なのかを見ていきます。

 

●安静時呼吸で異常を調べられる

呼吸抵抗検査は一般的なスパイロメトリーによる呼吸機能検査とは異なり、安静時呼吸で呼吸機能の異常を調べられるメリットを持っています。

使用する機器はスピーカーの横にパソコンの画面がついたようなもので、スピーカーを口にくわえて検査します。

スピーカーからは音波が送られ、普通に息をしていてもその音波に対して抵抗が生まれるのでそこから気道の様子を把握できるのです。

 

●呼吸抵抗検査でわかる病気

呼吸抵抗検査を行うことでわかる病気は呼吸機能検査でわかる病気とほとんど同じで、喘息やCOPDがあります。

特にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)においては、診断のときだけではなく経過観察でも呼吸抵抗検査が活躍すると言われています。

せきや痰が続く場合にはCOPDの可能性も否定はできませんので、一度検査を受けることをお勧めします。

 

●費用は3割負担で450円

呼吸抵抗検査は診療報酬点数が150点で、これは3割負担の医療費に直すと450円となります。

2012年までは今よりも診療報酬点数が低く費用も格安だったのですが、診療報酬の見直しによって点数150点となっています。

なお、この150点という点数は広域周波オシレーション法によるもので、そのほかの呼吸抵抗測定の点数は60点、3割負担180円の費用です。

 

呼吸抵抗検査は安静時呼吸によって呼吸器の異常を確かめられる検査で、検査時間は1-2分程度となっています。

負荷の少ない検査ですし、検査時間が長くてつらいといったことはまずないでしょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/23/09/16/man-272675_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

呼吸抵抗検査に関する記事

呼吸抵抗検査はお年寄りにも子供にもおすすめの検査!そのメリットとは?

  呼吸抵抗検査はお年寄り、子供にもお勧めの検査と言われることが多いです。その...

リラックスして受ければOK!呼吸抵抗検査を受けるときの注意点とは?

  呼吸抵抗検査は呼吸機能検査や肺気量分画検査などと同じように、呼吸機能を調べ...

カラダノートひろば

呼吸抵抗検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る