カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 呼吸抵抗検査 >
  5. 呼吸抵抗検査はお年寄りにも子供にもおすすめの検査!そのメリットとは?

健康診断・健康管理

呼吸抵抗検査はお年寄りにも子供にもおすすめの検査!そのメリットとは?

 

呼吸抵抗検査はお年寄り、子供にもお勧めの検査と言われることが多いです。その理由と、呼吸抵抗検査ならではのメリットを見ていきます。

 

●息を強く吐かなくてもよい

従来の呼吸機能検査の場合は、技師や医師の指示に従って息をいっぱい吸う・しっかり吐くことが必要でした。

一方で呼吸抵抗検査の場合は安静時呼吸、つまり普段と同じ呼吸状態で呼吸機能の検査が出来るのが最大のメリットです。

このことから、息を強く吐いたり吸ったりできないお年寄りや子供にも適している検査と言われるようになりました。

気管支喘息の発作時にもどれくらいひどい発作なのかがわかるのも呼吸抵抗検査の特徴です。

 

●検査時間が短い

呼吸抵抗検査は1-2分で終了する検査なので、そのほかの長時間にわたる検査に比べるとお年寄りや子供の体力的・精神的負担が少ないメリットも持っています。

1回の測定では数十秒間じっとしているだけで、それを何回か繰り返して呼吸抵抗に関するデータを取っています。

 

●理解力がない場合は要注意

安静時呼吸でもOK、短い時間で出来るメリットを持つ呼吸抵抗検査ですが、さすがに数分間もじっとしていられない場合や理解力が非常に落ちている場合には検査できないこともあります。

6歳以下の子供については困難な場合があると記載している病院もあるので、お年寄りや子供が呼吸抵抗検査を受けられるかどうかは年齢や状態によって違うと考えてください。

絶対に検査が受けられるというわけではなく、一般の呼吸機能検査に比べると負荷が少なくお年寄りや子供にもお勧めの検査ということです。

 

呼吸抵抗検査をお年寄りや子供が受ける場合にも飲食物は40分前までに終了することは忘れないようにしてください。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/15/59/baby-19295_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

呼吸抵抗検査に関する記事

リラックスして受ければOK!呼吸抵抗検査を受けるときの注意点とは?

  呼吸抵抗検査は呼吸機能検査や肺気量分画検査などと同じように、呼吸機能を調べ...

呼吸抵抗検査って何をする検査?安静時呼吸で異常がわかる!

  呼吸抵抗検査は気管支喘息、咳喘息など呼吸機能に問題のある病気を調べるための...

カラダノートひろば

呼吸抵抗検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る