カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 喘息 >
  5. 喘息の診断に使われる検査、気道可逆性試験!気道可逆性試験では何がわかるの?

気になる病気・症状

喘息の診断に使われる検査、気道可逆性試験!気道可逆性試験では何がわかるの?

 

気管支喘息の患者数は200万人を超えるとも言われており、けして珍しい病気ではありません。

学校に通ってみるとクラスに1人くらいは喘息の子がいたという経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

そんな喘息の診断に使われる検査のひとつが気道可逆性試験です。

 

●気道可逆性試験の『可逆性』って?

気道可逆性試験の『可逆性』とは変化があっても条件が整えばもとに戻るということを指しています。

気道可逆性試験では喘息によって気道の状態が悪くなっていても、治療薬を吸入すると気道が本来の健康な状態になるかどうかを見ています。

 

●気道可逆性試験の数値の読み方

喘息など呼吸機能の検査の代表ともいえるのが1秒率と呼吸量です。1秒率は最初の1秒に吐き出した気体が全体の何%かを表しています。

気道可逆性試験では、もともとの1秒率や呼吸量と投薬後の1秒率、呼吸量にどれくらいの違いがあるかをチェックしています。

投薬前に比べて投薬後が1秒率12-15%以上、呼吸量200ml以上の改善があれば、喘息の可能性が高いです。

 

●検査時間はやや長めです

気道可逆性試験においては、2回の呼吸機能検査が必要となります。

1回目の呼吸機能検査で今の呼吸器の状態を把握した後に、薬を投与、薬が効き始めるまで15-30分待って2回目の検査を行います。

そのため、薬が効くまでの待ち時間も含めると検査時間がやや長くなってしまうので注意が必要です。

気道可逆性試験がすべて終了するまで、大体40-60分くらいかかると考えてください。

 

気道可逆性試験で使われる薬には短時間作用型ベータ2刺激薬などがあり、これは喘息の実際の治療に使われている薬です。

メプチン、サルタノールなどの名前があります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/07-373882.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

感染症や大気汚染…近年増加している「咳喘息」の原因とは

  長引く咳の症状から考えられる病気に「咳喘息」があります。咳喘息になる原因に...

気管支喘息には予防治療が大切

  気管支喘息の治療は最近になって変わってきたと言われています。気管支喘息の主...


長引く咳…当てはまる症状があれば「咳喘息」かも

風邪をひいたあと、咳だけがいつまでも残っていて気になる…ということがあれば、も...

カビやダニなどが原因?咳喘息を繰り返さないための予防法

咳喘息になると、治りにくく喘息に移行する恐れもあります。また、治ったと思っても...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る