カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 心筋梗塞 >
  7. 知ってる?心筋梗塞が起こりやすい時間帯…「朝」と「夕方」の時間には要注意!

生活習慣病

知ってる?心筋梗塞が起こりやすい時間帯…「朝」と「夕方」の時間には要注意!

 

心筋梗塞というのは、心筋に酸素や栄養素を送る冠動脈がつまることによって、つまった場所から先の筋肉が壊死してしまうことで起こります。

 

日本で増加している心筋梗塞

心筋梗塞は動脈硬化や体の機能低下によって起こるものです。日本における心筋梗塞の発症数は、欧米化した食生活や、高齢化によって増加している傾向にあります。

特に高齢者の突然死の原因としてよく聞かれると思います。

 

心筋梗塞ってどんなときに起こるの?

心筋梗塞は突然に起こることが多く、何かをしている時とは限らず、安静時起こることも珍しくありません。

では実際にはどんな時に心筋梗塞が起こっているのでしょうか。

 

発作が起きやすい時間帯は夕方

発作が起きやすい時間というのがあります。それは朝の、これから徐々に活動を始めるという「午前9時~10時頃」と、夕方の1日の疲れが溜まりきった「午後7時~10時頃」が知られています。

 

なぜに起こるのか?

睡眠中は副交感神経が良く働いています。起床すると交感神経が活発になるのですが、急に起きると、交感神経の働きが急激になり、血圧が急に上昇し、冠動脈内の血栓などがはがれやすくなり、それがつまって心筋梗塞を起こすのだそうです。

また夜寝ている間は、血液の粘度が増加していき、これも要因のひとつとされています。

さらに、血液を固める血小板の凝固機能は午前中によく働き、夜間に低下することも朝に要因のひとつとされています。

 

なぜ夕方に起こるのか?

夕方の心筋梗塞は朝の半数程度ですが、起こりやすいです。

夕方の心筋梗塞は理由があまり分かっていなかったようですが、夕方に1日の疲れがピークになるのと、血圧が夕方頃に高くなりやすいことが関係しているようです。

 

朝や夕方に起こる心筋梗塞は、その時の過ごし方によって危険を減らすことができます。

特に血圧の上下を激しくさせないために、起床の仕方に気をつけたり、疲労をためないようにしたりすることができます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%99%82%E9%96%93-%E7%BD%AE%E6%99%82%E8%A8%88-%E6%99%82%E8%A8%88-175577/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

どんな胸痛が危ない?心筋梗塞へ移行するサイン 

         心筋梗塞とは、心筋に酸素と栄養素を運ぶための「冠動脈」の内...

糖尿病患者や高齢者は要注意!自覚症状がない「無痛性心筋梗塞」ってなんだ?

  全身の臓器は新しい酸素や栄養を常に供給されていなければ動けません。そのため...


心筋梗塞になりやすい!?6つの原因チェック~あなたは大丈夫?~

  命に関わることも多い心筋梗塞。 あなたも心筋梗塞のリスクが高いかもし...

心筋梗塞のリスクは健康診断の結果からわかる!?注目の3ポイント

  毎年受診する健康診断ですが、再検査などがなくても、数値の変動には気をつ...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る