カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 不整脈 >
  7. 心配が必要な不整脈ってどんな不整脈?こんな自覚症状が強い不整脈は要注意!

生活習慣病

心配が必要な不整脈ってどんな不整脈?こんな自覚症状が強い不整脈は要注意!

 

心臓は普通は、規則正しくリズムよく収縮と弛緩を繰り返して、その機能をはたしています。

しかしこのリズムが一定以上に早くなったり、遅くなったり、不規則になったりすると、それは不整脈という病気になります。

 

ほとんどは心配のない不整脈

不整脈は実に多くの人に見られる病気です。しかし不整脈が多くの人に大きく取り上げられることはありません。

これはほとんどの不整脈が「一泊とぶ」というようなごく軽いもので、生活に支障のないものだからです。

 

心配の必要な不整脈もある

ほとんどが心配のいらない不整脈ということは、中には心配の必要な不整脈もあるということです。

では心配の必要な不整脈というのはどのような不整脈なのでしょうか。

 

自覚症状が強い不整脈

例えば健康な人であっても、精神的ストレスの強い場面だったり、激しい運動をした後には動悸や息切れをします。

これを「病気ではないだろうか」と心配する人は少ないと思います。

こうした場面でも一時的に不整脈が出ることはあるのですが、それでも原因がわかっていて、その原因がなくなると共に治まれば何の問題もありません

 

しかし以下のような場合には、心配を必要とします。

・何もしていないのに意識がなくなりそうになる

・急に失神する

・脈拍が減り、強い息切れを感じる(脈拍が1分間に40以下は危険)

・突然動悸が起こる(脈拍が1分間に140以上は危険)

・脈のリズムがバラバラで速く打っている

こうした自覚症状の強い不整脈の場合は、「たかが不整脈」と思って軽視してはいけません。

不整脈は必ずしも自覚症状の強さと、病気の重篤度が一致しませんが、それを素人判断で「大丈夫」と決めつけてしまうことの方が危険です。

 

「脈が一回とびました」と病院に行く必要はありませんが、上記のような強い自覚症状がある場合には病院で診てもらいましょう。また、心配のない不整脈でも年に一回の健診は受けた方がよいでしょう。

 

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E7%94%B7-%E6%89%8B-%E9%A1%94-%E5%8F%A4%E3%81%84-%E9%9B%BB%E5%9C%A7-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88-%E9%A0%AD%E7%97%9B-%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-111426/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不整脈に関する記事

不整脈の薬物治療 「心臓の電気を正す抗不整脈薬」と「ストレスに対処する精神安定薬」

  不整脈は多くは積極的な治療を必要としません。もし不整脈が見つかったとしても...

自律神経の乱れ?!不整脈とストレスの関係

    こわいこわい、と思いがちな不整脈ですが、原因がはっきりしない不整脈が...


不整脈はなぜ起きる?

    よく耳にする不整脈。心臓の動きがおかしくなっていることかな?と思いが...

不整脈の薬物治療は簡単にははじめない!?その理由は抗不整脈薬に多い副作用!

  不整脈というのは多くの場合で治療を必要としません。手術で不整脈を治療すると...

カラダノートひろば

不整脈の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る