カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. その他 >
  7. 心臓が貧血?虚血性心疾患を予防改善するには、危険因子をおさえよう!

生活習慣病

心臓が貧血?虚血性心疾患を予防改善するには、危険因子をおさえよう!

 

虚血性心疾患という名前を聞いたことがあるでしょうか。

虚血というのは酸素や栄養素がたっぷりの動脈血が減少し、局所的に貧血になることです。

全身の貧血と区別して局所性貧血を言われることもあります。この虚血が心臓で起こる病気が虚血性心疾患です。

 

冠動脈から心筋に血液が送られなくなる!?

心臓は心筋という筋肉で構成されています。その筋肉を動かすためは、酸素や栄養素が必要で、それを心筋に運んでいるのが3本の冠動脈です。

しかしこの冠動脈が狭窄したり、閉塞したりして、そこから先に血液が送られなくなると、虚血(局所性貧血)に陥ります。この状態のことを虚血性心疾患と言います。

虚血性心疾患というのは具体的な病名ではなく状態を言います。

これを具体的な病名にすると、冠動脈が狭窄し一時的な血液不足になるのが狭心症で、完全に冠動脈が閉塞して血液の流れが途絶えてしまうのが心筋梗塞といいます。

 

虚血性心疾患は何によって起こる?

虚血性心疾患はがんなどの決定的な病変によって起こるものではありません。

むしろ生活習慣の中の積み重ねによって起こるもので、日々の生活の仕方によって発症を予防出来たり、逆に促進してしまったりします。

 

・虚血性心疾患の3大危険因子

高コレステロール血症

高血圧症

喫煙

高コレステロールの状態や、高血圧の状態は血管の動脈硬化を促進します。これによって血管の内腔が狭くなったり、血管の壁が肥厚することで血流の停滞が起こります。さらに喫煙は血管を細くしますし、冠動脈の異常な収縮を誘発することもあります。

 

・その他の危険因子

高脂血症

肥満

糖尿病

高尿酸血症

血液の凝固異常

加齢

遺伝

閉経

ストレス

運動不足

過度の飲酒

虚血性心疾患と深く関係しているのは先述の3大因子以外にもあります。

これらと3大因子は全く独立して虚血性心疾患に関係しているのではなく、それぞれを合併することなどで、より発症の可能性が増します。

 

虚血性心疾患は心筋梗塞のように突然死の危険性も高まります。そのため日頃の生活習慣を十分に気をつけてあげる必要があるのです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E7%85%99-%E5%81%9C%E6%AD%A2-%E5%96%AB%E7%85%99-%E8%96%AC-%E6%82%AA%E3%81%84-%E7%BF%92%E6%85%A3-%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%B3-1848/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

大動脈瘤は、動脈硬化+高血圧が原因?!

  高血圧と動脈硬化が原因で起こることが多い大動脈瘤。 心筋梗塞ほど頻繁...

CKDの人は注意が必要!腎臓病が心臓疾患を引き起こす!

  近年、慢性腎臓病(CKD)が、心臓・冠動脈疾患のリスクファクターとして...


心臓病三大リスクのうち、最も危険な糖尿病!そのリスクとは?

  糖尿病が原因となって起こる心疾患。 心臓病の三大リスクである高血圧・...

心臓の検査で何がわかる?健康診断にもある心臓の検査まとめ

職場の健康診断、病気の疑いがある場合、経過観察など、検査は色々な場面で行われ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る