カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 育児休暇中の配偶者控除・配偶者特別控除の適用漏れに注意!知って得する節税法

妊娠・出産

育児休暇中の配偶者控除・配偶者特別控除の適用漏れに注意!知って得する節税法

育児休暇中も「共働きだし、配偶者控除の対象にはならない」と思っていませんか!?

実は、育児休暇中の場合、会社から給与が支給されないことが多く配偶者控除になる可能性があります。

そこで今回は育児休暇中の「配偶者控除・配偶者特別控除」についてご紹介します。

「育児休暇給付金」は給与ではない!

まず知っておきたいのが、「育児休暇給付金」=「給与」ではありません。育児休暇給付金は会社から支給されるものではなく、雇用保険から給付されるもの。そのため、もちろん税金もかかりません。

 

フルタイムで働いていると利用できない国や区の制度も、育児休暇取得期間は利用できることもあるため必ずチェックしておきましょう。

 

知っておきたい配偶者控除・配偶者特別控除

育児休暇中にできる節税対策の一つに「配偶者控除・配偶者特別控除」があります。

 

配偶者控除とは

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合、配偶者が一定条件を満たすと納税者は38万円の所得控除を受けることができます。

 

配偶者控除の対象

配偶者控除が適応されるのは以下の条件全てに当てはまる方となります。

 

1.民法の規定による配偶者(内縁関係は対象外)

2.年間(その年の12月31日まで)の給与収入総額が103万円以下

3.納税者と生計を一にしている

4.青色申告者の事業専従者としてその年に給与の支払を受けていない

5.白色申告者の事業専従者でない

<参考:国税庁

 

配偶者特別控除とは

給与収入総額が103万円を超えてしまった...という方もまだ諦めてはいけません!「配偶者特別控除」は所得の金額に応じて控除してくれる制度となっています。

 

配偶者特別控除の対象

配偶者控特別除が適応されるのは以下の条件全てに当てはまる方となります。

 

1.納税者(控除を受ける人)のその年の所得金額が1,000万円以下

2.年間(その年の12月31日まで)の所得金額合計が38万円〜76万円

3.民法の規定による配偶者(内縁関係は対象外)

4.納税者と生計を一にしている

5.青色申告者の事業専従者としてその年に給与の支払を受けていない

6.白色申告者の事業専従者でない

<参考:国税庁

 

配偶者特別控除の控除額

配偶者控除と異なり、配偶者特別控除の控除額は、配偶者の合計所得金額に応じて変動します。詳細は国税庁の以下のページからご確認下さい。

 

配偶者特別控除の控除額(国税庁)<

 

 

控除対象なのかどうやって判断するの?

では、ご自身が控除対象なのかどうかを確認する方法をご紹介します。

 

配偶者控除の場合

<例>

・1月から3月まで→勤務(給料:月30万円)

・4月から→育児休暇

 

月30万円×3ヶ月

給与収入総額 90万円<給与収入総額 103万円

 

→この場合、給与収入総額が103万円未満のため「配偶者控除」の対象となります。

 

配偶者特別控除の場合

<例>

・1月から4月まで→勤務(給料:月30万円)

・11月から→育児休暇

・生命保険や地震保険の加入あり

・医療費控除あり

 

月30万円×4ヶ月

給与収入総額 120万円>給与収入総額 103万円

 

給与収入総額 120万円

−生命保険や地震保険などの保険料控除

−医療費控除

=所得金額合計 75万円所得金額合計が38万円〜76万円

 

→給与収入総額が103万円を超えているため配偶者控除は適用されませんが、所得金額合計が75万円のため「配偶者特別控除」の対象となります。

 

配偶者控除・配偶者特別控除の申告方法

配偶者控除・配偶者特別控除の申告方法は3つの方法があります。

 

1.年末調整

会社から年末に渡される年末調整の資料にある「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記載して、会社に提出します。

 

配偶者特別控除の場合は、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」にも記載し勤務先に提出しましょう。

 

2.確定申告

フリーランスや個人事業主の場合は、確定申告で書類を提出します。

 

3.年末調整・確定申告時に提出できなかった場合

申告を忘れてしまっていた!という方も、確定申告の期限が過ぎてからでも申請手続きができる場合もあるため、一度税務署に相談しましょう。

 

申請すれば数万〜数十万帰ってくることも

出産・育児は何かとお金のかかる時期でもありますが、何かと手続きの多い時期でもあります。

 

制度のことなどを理解するのは面倒なことですが、少しでも出費を減らすためにも、手続きし忘れのないように確認しておきましょう。場合によっては数万〜数十万返ってくる場合もありますよ。

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お金・各種制度に関する記事

医療保険は妊娠前に加入!もしものために知っておきたい保険のこと

妊娠は基本的に病気ではないので、医療保険の適用がありません。しかし、早産や子宮外...

妊娠悪阻での治療は「高額医療費」で負担軽減!医療費節約のために知っておきたい知識

妊娠中は、定期検診に加えて出産費用など多額の医療費が発生するため、少しでも節約で...

お金・各種制度の体験談

働く妊婦に嬉しい情報★傷病手当金

私は妊娠発覚しても働き続けた妊婦です。 妊娠初期と妊娠後期でもうすぐ産休の今も、医師から切迫流...

安定期の間にやるべきだったこと!学資保険について

初めての赤ちゃんを授かって、あれもこれも準備しなきゃ!とベビー服、ベビー用品など色々比較検討してよう...

カラダノートひろば

お金・各種制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る