カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. しばらくは子どもと一緒に過ごしたい!育児休業がとれる条件って何?

妊娠・出産

しばらくは子どもと一緒に過ごしたい!育児休業がとれる条件って何?

 お姉ちゃんと

子供のためにも、自分のためにも、今の仕事は一旦おやすみして、しばらくは子どもと一緒に過ごしたい。

子育てももちろん大事ですが、自分のやりがいのある仕事をやめてしまうのももったいない。そのためにも、しっかりと育児休業制度を理解して活用しましょう。

 

育児休業の条件

育児休暇をとるためには以下の条件を満たしている必要があります。

・同一事業者に引き続き1年以上雇用されている。

・子が1歳に達する日を超えて、引き続き雇用されることが見込まれる。(子が1歳に達する日から1年以内に労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかである者を除く)

・取得するものの男女は問わない。

・子が実子であるか養子であるかも問わない。

・家族などで、子の世話が可能なものがいても、取得は可能。

 

契約社員やパート社員であっても、下記の条件も加わりますが、取得可能です。

・契約の更新の可能性が明示されていて、それが更新されるとその契約期間の末日が子供が1歳に達する日よりも後になる。

・契約更新回数が上限なく、自動更新。

・回数に上限があっても、上限までの契約更新した時の期間の末日が子供が1歳に達する日よりも後になる。

 

なので、細かな規定はあるものの、父親でも母親でも育児休業前1年以上働いていて、育児休業後も1年以上継続して勤務出来ることが明らかな人は育児休業が取れる可能性が高いということになります。

 

期間

原則として、子が1歳に達するまでの間に取得できます。母親の産後休業期間は含まれません。

一人の子に対して1回しか取れませんが、配偶者が交代してとることができます。なので、6ヶ月のハーフバースデーまでは母親が育児休業を取得して、6ヶ月から1歳の誕生日まで父親が育児休業を取得することも可能です。

また、以下の場合は、1歳6ヶ月まで延長ができます。

・保育所に入所を希望して申し込みをしたが、入所できない。

・子の養育を行っている配偶者が、やむを得ない事情で養育が困難になった場合。

 

手続き

育児休業にかかる手続きは、基本的には会社とのやりとりとなることが多いです。育児休業に入る1ヶ月前など、会社の決められた期限までに申請書に記入し、必要書類を添付して提出しましょう。また、1歳から1歳6ヶ月までの延長の申請は2週間前までのところが多いようです。

 

ただし、育児休業がとれることと、育児休業給付金がもらえることは別の条件があるので、確認が必要となります。子供のためだけでなく、自分のために生きていくためにも、育児休業という権利を利用しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/07/26-348603.php)

著者: amママさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成金・給付金に関する記事

パパもきちんと把握しておこう!出産にかかる費用はどんなものがあるの?

出産するまでには様々な費用がかかります。主に病院代ということになります。定期的...

妊娠・出産にまつわる補助金や助成金などの種類を知ろう!

妊娠・出産には様々な費用がかかりますが、それに対する補助金や助成金がでる場合...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る