カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. なぜ子供は熱中症になりやすい?子供の熱中症が多い理由とは

育児

なぜ子供は熱中症になりやすい?子供の熱中症が多い理由とは

子供

暖かい季節になってくると、どんどんと外に出かけたくなってきますね。子供は外に出かけるのが大好き。室内でばかり遊んでいるよりも、外に出て様々な刺激に触れて五感を使うことで脳の成長にも良い影響を与えるといわれる専門家もいらっしゃいます。

 

でも、夏に心配なのは熱中症。毎年子供の熱中症のニュースが絶えません。

ではなぜ子供の熱中症が多いのでしょうか。

 

暑さに弱い

体温を調節するための体の反応は「汗をかく」です。汗を蒸発させることによって熱を逃がそうとするのです。

しかし、乳幼児や小児は汗をかいて体温を調節する機能がまだ未成熟です。そのため、熱が体にこもって体温が上がってしまうのです。さらに、気温が体温よりも高くなると逆に熱を吸収してしまうこともあります。

 

 

自分でなかなか予防できない

乳幼児は自分自身で水分補給をしたり、服を脱いだりなどの対策ができません。また、暑いということを自分自身で上手にサインを出すことが難しいこともあります。

小児においても、遊びに夢中になると水分補給を忘れてしまったり、学校の授業や部活、学校行事の中で具合が悪くなってもなかなか言い出せなかったりする子もいます。

 

 

照り返しの影響を受けやすい

大人よりも身長が低い子供は、地面からの照り返しの影響を強く受けます。大人がいる位置が32℃であれば子供の位置では35℃くらいになります。大人よりも2~3℃高いと考えていいでしょう。特に照り返しの強い時間は正午から午後3時位です。

 

さらに、天気予報の気温は直射日光の当たらない、照り返しのない、大人の身長くらいの位置で図られているため、舗装された場所では予想気温より2~5℃くらい高くなることが予想されます。このことも考慮しておいたほうがよいでしょう。

 

 

子供の熱中症は大人の対応次第で、リスクを大きく減少させることができます。大人は「まだまだ大丈夫」と思っていても、無理をさせすぎていることもあります。真夏の外出はちょっと心配し過ぎるくらいがいいのかもしれません。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/06/10-379033.php?category=51)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意したい病気に関する記事

アレルギーの急性症状、アナフィラキシーが起こった時は

  アレルギーの急性症状が、アナフィラキシー、アナフィラキシーショックと呼...

【乳幼児にしてはいけないこと】添い寝 する時の注意点とは

  アメリカやスウェーデンのある機関の調査で、「添い寝すると乳幼児の突然死の確...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

注意したい病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る