カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 精神的なストレスが心臓病の危険因子になる!心と心臓の切り離せない関係とは?

生活習慣病

精神的なストレスが心臓病の危険因子になる!心と心臓の切り離せない関係とは?

 

精神的ストレスが引き金となって、病気を発症することはよくあります。

特にうつ病やPTSDなどは、精神的ストレスから生じる病気としてよく知られていると思います。

 

心臓病と精神疾患には関係がある?

精神的ストレス自体、心臓病の重要な危険因子であると分かっています。そのため心臓病と精神疾患を併発していることは、そう珍しいことではありません。

実際に心臓病との関係が指摘されているものとしては、抑うつ、不安神経症、PTSDなど他にも具体的な精神疾患ではないですが、ストレスに弱い性格特性や、社会的支援からの孤立などといった状況も心臓病との関連があると指摘されています。

この中でも特に抑うつは心臓病との関わりが強いとされていて、実際に心臓病を発症している方の多くは、抑うつ症状(抑うつ気分・興味や喜びの喪失・睡眠障害・倦怠感・食欲低下・頭痛など)を抱えていることが明らかになっています。

 

心不全と抑うつの関係

心不全は心臓のポンプ機能が十分でなくなる状態です。心不全と精神的ストレスの関係は以前から指摘されており、心不全の患者さんの約2割から4割に抑うつ症状が認められるという報告もあります。

さらに、心不全と抑うつの関係は合併だけにとどまりません。心不全において抑うつは重要な要素で、抑うつ自体が心不全の予後に大きく影響するとされています。

 

心筋梗塞と抑うつの関係

突然死の原因ともなる心筋梗塞ですが、これにも精神的ストレスが大きく関係していることが報告されています。

ある調査で、急性心筋梗塞の患者さんと、そうでない人を対象にして、社会的ストレスや、抑うつ症状の有無を調べました。

すると、社会的ストレスがある患者、そして抑うつ症状がある患者は、そうでない場合に比べて約1.5倍心筋梗塞になりやすいことがわかっています。

 

心が感じるストレスは身体に大きな影響を与えます。

これは上記の例の心不全や心筋梗塞だけでなく、全ての心臓病に対して言えることのようです。

 

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88-%E7%94%B7-%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-%E5%85%89%E7%B7%9A-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E6%89%8B-%E9%A1%94-%E5%8F%A4%E3%81%84-%E9%A0%AD%E7%97%9B-231452/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

見落とさないで!これも心臓の負担になるんです!「二重負荷」と「薬の夢効果時間」の動作

  生活習慣病は血液や血管に障害が起こる病気が多いです。 血液や血管は全身に...

女性は特に注意!大きなストレスを感じて発症する心疾患「たこつぼ心筋症」ってなに?

  過度にストレスを感じる場面や、興奮状態になると、人の心臓は激しく動きます。...


狭心症などの心臓の手術はいくらかかる?

  狭心症や心筋梗塞では、発作時や病状が悪化した際に、手術が必要となります...

生活習慣病で不整脈が起こる!

  不整脈は、心臓の病気から起こることはよく知られています。 でも実は、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る