カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 見落とさないで!これも心臓の負担になるんです!「二重負荷」と「薬の夢効果時間」の動作

生活習慣病

見落とさないで!これも心臓の負担になるんです!「二重負荷」と「薬の夢効果時間」の動作

 

生活習慣病は血液や血管に障害が起こる病気が多いです。

血液や血管は全身に行きわたっていますから、それが障害されることで、実に様々な場所が障害されます。その一つが心臓です。

 

心臓への負担が大きくなる

生活習慣病で血液や血管が不健康になると、心臓の負担が大きくなります。通常よりも心臓がたくさん働かなければならなかったり、心臓の血管自体に血流の停滞が起きて酸素や栄養が不足したりすることで、心疾患が引き起こされます。

こうなると突然死の可能性も大きくなるため、日常生活の中でできるだけ、心臓に負担のかからない行動をとることが望まれます。

 

心臓に負担になることってなに?

心臓は身体活動が活発なときや、ストレスを感じるような場面で、通常よりも多く働きます。

その分心臓に負担がかかるわけですから、そういった場面を極力避けることが望まれます。しかし注意すべきは、そうした単体の事象だけではありません

 

二重負荷の危険性を知る!

食事をする、排便をする、運動をする、入浴をする、性交渉をするなど、これらの動作ひとつひとつは心臓に負担のかかるものです。

そのため気をつけるべき対象として認識しているのはよいのですが、これらを立て続けて行うことにも気をつけてあげましょう

一つの動作を行った後に、他の動作を続けて行ってしまうと、最初の動作の心臓への負担がまだ残った状態で、次の負担を与えてしまうことになり、心臓には大きな負担になります。こうした負担を二重負荷と言います。

なるべく、一つの行動をした後は、30分程心臓を休めて次の動作をするように心がけましょう。

 

薬の効果が出る時間にも気をつける!

心疾患や生活習慣病で薬を飲んでいる場合、薬を飲む前と直後は、体には薬の効果がない状態です。

そのため心臓も負担を感じやすい状態ですので、このときに心臓に負担がかかる動作は避けたほうがよいでしょう。

薬の効果があらわれる時間を把握し、薬を飲む前後1~2時間は心臓を安静にしてあげましょう。

 

心臓の負担になる個々の動作に気をつけていても、それらの関係まで生活の中ではなかなか考えられないかもしれません。

ですが、知らない内に心臓に負担をかけていることだけでも知っておけば、選択する行動も変わっていくでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/21-381021.php?category=304])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

狭心症などの心臓の手術はいくらかかる?

  狭心症や心筋梗塞では、発作時や病状が悪化した際に、手術が必要となります...

15~20分以内で治まる胸の痛みは「狭心症」かも!?

生活習慣病は様々な病気を引き起こしますが、体の中で非常に重要な心臓にも、影響...


女性は特に注意!大きなストレスを感じて発症する心疾患「たこつぼ心筋症」ってなに?

  過度にストレスを感じる場面や、興奮状態になると、人の心臓は激しく動きます。...

日本人死因第2位ってホント?!心筋梗塞について知っておこう

  死に直結する危険性も含む、心筋梗塞。 今話題の生活習慣病でも、この心...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る